コラム コラム 2018年10月27日 更新 お気に入り追加 0

色の組み合わせでシアーな枯れ色に!ポプリみたいな押し花ネイル

936 view
色の組み合わせでシアーな枯れ色に!ポプリみたいな押し花ネイル Itnail編集部

押し花ネイルといえば春を連想するネイルデザインかもしれませんが、色の組み合わせ次第で秋冬にもとっても使えるオシャレな指先を作ってくれます。ポイントは色の組み合わせ!ベースやアートのカラーと押し花の色を工夫する事で、一気にデザインが秋冬モードに変わります。どんなデザインがあるのか早速見ていきましょう♪

秋冬の色を使ってシアーな枯れ色を作る

perruche (鹿児島)

perruche (鹿児島)

その人の好みにもよりますが、一般的にブラックや藍色のようなカラーは秋冬に活躍する色と言えます。それだけで使うとハードなイメージのある濃厚な色ではありますが、押し花の色を軽さの感じる色にしてあげる事で、今の季節に絶妙にマッチするネイルが楽しめます。

例えば、春夏の色であるパステルカラーの押し花にブラックを合わせると、それぞれの色が持つイメージが上手く中和されます。少しブラックを多く見せる事で、秋冬シーズンにピッタリのカラーリングが完成しますよ。

鮮やかな押し花を使うのであれば、その色味を打ち消す反対色をベースカラーに持ってきましょう。色合いや明度を調整してあげれば、喧嘩する事無く、ネイルの上でカラーリングがしっかりとまとまってくれます。この場合ももちろん、秋冬を演出する色を多めに配置してあげましょう。
JunoQuartz×mission

JunoQuartz×mission

押し花を組み合わせてシアーな枯れ色を演出

IRISÉE (大阪・淀屋橋)

IRISÉE (大阪・淀屋橋)

ベースカラーがクリアだったり、あまり濃い色を使わない場合は押し花の色に工夫を。

鮮やかな色の押し花を使いたいのであれば、先ほどと同様にその鮮やかさを打ち消してくれる反対色にあたる色の押し花を選んでネイルをデザインしてみましょう。

沢山の色をネイルに使いたくない、もっとシックな印象のネイルに仕上げたいという場合は、押し花に黒っぽさのあるダークな配色のものを選んでみて下さい。

押し花の色同士を打ち消すよりも、ポプリ特有の枯れた感じがもっと簡単に表現できます。
Melil (東京・表参道)

Melil (東京・表参道)

シアーな枯れ色を取り入れて押し花ネイルを秋冬仕様に

IRISÉE (大阪・淀屋橋)

IRISÉE (大阪・淀屋橋)

ネイルデザインの中でメインカラーとする色がしっかりと決まっている場合は、反対色ばかりを取り入れなくても大丈夫です。

例えば、レッドをメインカラーにするのであれば押し花ネイルを付けている爪とそうでない爪にもレッドを採用してあげましょう。その時、押し花ネイル以外の爪に塗るカラーをしっかりとトーンの抑えたものにすれば、シアーな枯れ色っぽさを簡単に演出する事が出来ます。

ともすればポップでキュートなイメージばかりが先行しやすい押し花ネイルでも、ポプリみたいな枯れ色を意識した配色にしてあげるだけで、大人っぽさをネイルで表現したい人にも親しんでもらえるデザインになります。この秋冬に是非ともチャレンジしてみてください!


Itnail編集部