コラム コラム 2016年10月2日 更新 お気に入り追加 0

自宅でできるネイルトラブル対策!巻き爪の痛みを和らげるにはどうすればいい?

1,528 view
自宅でできるネイルトラブル対策!巻き爪の痛みを和らげるにはどうすればいい? Itnail編集部

ネイルトラブルの中でも特に多い「巻き爪」。酷くなると爪の両端が腫れたり痛みが出たりして、とても辛いですよね。実はこの巻き爪による症状は、自宅でできるちょっとした対策で和らげられる場合があります。そこで今回は、自宅でできる巻き爪対策についてチェックしてみましょう!

自宅でできる巻き爪対策①ヤスリで削ってみる

 (486423)

【イットネイル】巻き爪とは、爪が指の肉にどんどん食い込んでいく現象のことで、酷くなると爪が食い込んでいる部分が赤く腫れたり痛みを感じたりするようになることもあります。足の指が痛いと、歩くのも辛くなってきますよね。

そこでまずおすすめしたいのが、爪を削るという対策です。
ヤスリを使って、爪の中心部分を少しだけ削ってみましょう。すると足の爪は中心部分が薄く周りが厚い状態になり、爪の巻き込みが改善されてきて痛みが和らぐことがあるのです。

ちなみに使用するヤスリですが、比較的目の細かいもの、150~200グリッドくらいのものをおすすめします。またあまり削りすぎると自爪が薄くなってしまいますので、あくまでも“少しだけ”削るようにしましょう。

自宅でできる巻き爪対策②靴を変えてみる

 (486424)

巻き爪による症状を改善するには、靴を変えてみるというのもおすすめです。
先のとがった靴やヒールの高い靴ばかり履いていると、つま先に負担がかかって巻き爪が酷くなっていくことがあります。

そこで巻き爪の症状が酷いときは、つま先を締め付けないサンダルやヒールが低い靴などを履き、足に負担をかけないようにしましょう。またお仕事などの関係でどうしてもヒールを履かなければいけないという場合は、靴底にクッションを入れておくことをおすすめします。

自宅でできる巻き爪対策③患部を消毒してみる

 (486425)

巻き爪が原因で足の指がズキズキ痛むということは、爪が食い込んでいる部分に細菌や雑菌が侵入して炎症を起こしている可能性が強く疑われます。そこで痛みがあるときはまず、患部をしっかりと消毒しておくようにしましょう。

また痛みがあるとき、つまり細菌などが侵入しているときに使ったヤスリには菌が付着している可能性がありますので、使った後はナイロン袋などに入れて処分するようにしましょう。

巻き爪の症状を早く改善するには、患部を清潔にしておくことがなによりも大切です。また自宅でのケアを行っても症状が改善されない場合や我慢できないほどの痛みがある場合は、早めに病院へ行くことをおすすめします。



Itnail編集部