コラム コラム 2015年7月26日 更新 お気に入り追加 1

ネイルチップはどうしたら柔らかくなるの??

9,640 view
ネイルチップはどうしたら柔らかくなるの?? Itnail編集部

ネイルチップは基本的に、温めると柔らかくなります。特に自爪のカーブに合わせたいときには、お湯に浸して柔らかくする方法があります。チップをお湯に浸して、柔らかくなったら両端を指で圧力を加え、カーブをつけます。この、自爪のカーブに合わせる作業をするだけで…

ネイルチップを柔らかくする方法

ネイルチップは基本的に、温めると柔らかくなります。特に自爪のカーブに合わせたいときには、お湯に浸して柔らかくする方法があります。

チップをお湯に浸して、柔らかくなったら両端を指で圧力を加え、カーブをつけます。この、自爪のカーブに合わせる作業をするだけで、見た目が格段と良くなります。

温める方法は、ドライヤーでもOK。
 (151016)

元から柔らかいジェルネイルチップ

ネイルチップと言えば、上記の方法で柔らかくして自爪に合わせる方法が主流だと思われている方が多いと思います。

なんと、元から柔らかいチップも存在します。その一つがジェルネイルチップ。つけ外しが簡単で、気軽に楽しめます。

ジェルネイルチップも、普通のネイルチップと同様にお湯につけて柔らかくします。柔らかくなると平らな形状になるので、指であらかじめゆるいカーブをつけます。

そして冷めないうちに、チップを自爪の上に置いて、自爪の形に固定します。このとき、前から見てチップと自爪の間にすき間ができないように確認し、爪にぴったりと合わせることがポイント。

この後サイズ調整をする場合は、ファイルで調整。トップコートが剥がれないように、一定方向に優しく削ります。長さ調整の場合は、甘皮部分をファイリングして。

自爪につけるときは、除光液で爪の水分や油分をふき取りましょう。つける方法は、両面テープでつけます。

ジェルで手作りする方法

なんと、ハードジェルとセミハードジェルでチップを手作りする方法もあります。この2種類のジェルを組み合わせることで、お湯では柔らかくなり、冷めたら硬くなるという特徴を兼ね備えたチップを作れるのです。

さらにこの方法だと、透明でクリアな色の柔らかいチップを作れます。

ただしこの方法は、フィンガーマネキンやネイルマネキン、ハンドマネキンなどが必要になります。自分専用のチップを作るために、レジンで「ダミー指」を作った人もいます。

チップの作り方は、マネキンの指に柔らかめのセミハードジェルを何層か重ねた後、ハードジェルを何層か重ねます。柔らかめのセミハードを2回、硬めのセミハードを2回、ハードを2回重ねると、温度変化による硬さと柔らかさのバランスの取れたチップになるようです。

この方法は、初心者には難しいかもしれませんが、ネイルになれてきたら、ぜひ試してみてください。ジェルを重ねる回数も、色々研究してみると楽しいと思います。



Itnail編集部