コラム コラム 2015年9月11日 更新 お気に入り追加 0

毎回オフする必要は無い?大事なネイルのメンテナンス「フィルイン」とは

3,489 view
毎回オフする必要は無い?大事なネイルのメンテナンス「フィルイン」とは Itnail編集部

爪が伸びてきたからといって、毎回完全オフ(ニューセット)する必要はないんです。 そこで必要になってくるのが、フィルインという伸びた爪向けのネイルメンテナンス。今回はフィルインのメリットについて紹介しています。

毎回完全オフの必要は無い?

【イットネイル】ジェルやスカルプチュアをした後でも、爪はだんだん伸びてきます。
個人差はありますがだいたい2週間程度たつとキューティクル周りが伸びてきて、見栄えも悪くなっていくのです。
これは伸びてきた爪の根元が見えるようになり、その部分だけジェルなどを塗っていないためネイルが剥げているように見えるというわけです。

でも爪が伸びてきたからといって、毎回完全オフ(ニューセット)する必要はないんです。
そこで必要になってくるのが、フィルインという伸びた爪向けのネイルメンテナンス。
いわゆる爪のお直しのことで、ニューセットをしなくてもお気に入りのネイルを長持ちできるのです。

今回はフィルインのメリットについて紹介しています。
 (276345)

フィルインのメリットはたくさん!

フィルインでは伸びてしまった部分だけ部分的なメンテナンスをするので、サロンなどでも完全オフ&アートのやり直しをしてもらうよりずっと料金が安く済みます。
さらにアセトンの使用やサンディングも少なく済むことから、比較的爪への負担を減らすこともできるのです。

ネイルサロンでやってもらった上質なネイルアートなら、なおさら簡単にオフはしたくないですよね。
もちろんネイルの状態によってはオフしてしまったほうがいい場合もありますが、そうでない場合はなるべくフィルインで長持ちさせるのがおすすめなのです。

爪が伸びるスピード

爪は季節によって伸びる早さが微妙に異なり、単純にいうと夏は早くて冬は遅めの傾向にあります。
じめじめしてカビが生えやすい梅雨などの時期はグリーンネイルなどのリスクが増えるため、何度もフィルインを繰り返すよりはニューセットしてしまったほうがいいといわれています。
このように爪の伸びるスピードなどによってオフのタイミングが変わるので注意しましょう。

凝ったデザインよりは、単色塗りやグラデーションといったシンプルなデザインの方がフィルインがしやすくなっています。

フィルインとニューセットを上手く使い分けることができれば、自爪にほとんど負担をかけずジェルネイルを楽しむことができるようになります!



Itnail編集部