コラム コラム 2016年5月7日 更新 お気に入り追加 0

ネイルアートに大活躍!「水」のおすすめの活用法とは?!

2,456 view
ネイルアートに大活躍!「水」のおすすめの活用法とは?! Itnail編集部

日常生活の中で使っているアイテムの中には、ネイルアートにも使えるものが沢山あります。その中でも特に大活躍してくれるのが「水」!今回は、ネイルアートをする際に水をどのように使えばいいのか、詳しく見ていきましょう。

水&マニキュアでウォーターマーブルに

 (402378)

【イットネイル】何色ものカラーが織りなす美しい模様「マーブル」は、今やネイルの定番デザインとなっています。
マーブルアートができれば、大理石ネイルや天然石ネイル、プッチ風ネイルが楽しめますよね。このマーブルネイルですが、水とマニキュアを使えば、簡単にアートすることができるのです。

①まずは、紙コップなど使い捨て可能な容器に水を入れます。
②お好みのマニキュアを何色か順番にたらします。
③爪楊枝等を使ってマーブル模様を作っていきます。
④水の表面から水の中に爪をくぐらせ、マーブル模様を転写します。
⑤お好みでストーンやシールでアレンジし、最後にトップコートを塗れば完成です。

シールを貼るときも水があると便利!

 (402382)

ネイルアートに欠かせない「シール」。
今では、色々な種類がありますよね。その中でも特におすすめしたいのが「ウォーターネイルシール」です。これはとても薄いフィルムに模様が印刷されているもので、ジェルで埋め込んでも、シールが浮いて来たりリフトしてきたりすることがありません。

ウォーターシールの使い方は簡単です。

①まずは使いたい部分をシートからくりぬき、水につけます。②そのまま30~50秒程度放置し、シートからシールをはがします。
③剥がしたシールを爪表面に張り、良く乾かします。
④最後にトップジェルやトップコートを塗れば完成です。

※ウォーターシールを貼った後は、爪表面を完全に乾かしましょう。水分が残っている状態でトップジェルを塗ると、リフトの原因になってしまいます。

マニキュアを早く乾かしたい時も水が大活躍!

 (402385)

マニキュア派の方に一番多い悩みが、「乾燥するまでに時間がかかる」というものです。
確かにマニキュアを使ってネイルアートをする場合、凝ったデザインにすればするほど、あるいは何度も重ね塗りをすればするほど、乾燥させるのに時間がかかってしまいますよね。

そんな時におすすめしたいのが、指先を冷たい水につけるという方法です。マニキュアは冷えると乾燥しやすくなるため、アートした後でこれを水につけて冷やすと、乾燥までに必要な時間を短縮することができるのです。
冬場は少し辛いかも知れませんが、水の中に氷を入れてその温度をさらに低くすると、マニキュアをさらに早く乾かすことができます。
 


Itnail編集部