コラム コラム 2016年11月3日 更新 お気に入り追加 0

自分でできる♪はずれないようにネイルチップをつける方法

9,264 view
自分でできる♪はずれないようにネイルチップをつける方法 Itnail編集部

オフのときは剥がすだけ。着脱が簡単なことから、週末ネイルやウェディングネイルなどにも愛用されているネイルチップ。しかしネイルチップをつけたあとって、ずれないか、外れないかと心配になったり、気になることがたくさんあります。せっかくのネイルチップが不安や心配事ばかりでは楽しめませんよね。不安を取り除くには、ネイルチップが剥がれないようにしっかりつけることです。ネイルチップがすぐ剥がれないようにつけるコツを紹介します。

つけるまえの準備

【イットネイル】先にちょっとした準備をしておくことで、ネイルチップが外れにくくなります。

◆お風呂上りにつける?
ネイルチップをつけるタイミングは、お風呂上りの方がいいのをご存知でしたか?
もともとネイルケアをするのに適したタイミングですが、このときは血行がよく爪も柔らかいので、ネイルチップがくっつきやすいのです。
また手も清潔なので衛生面などでもベストです。
お風呂上りが無理なときは、お湯などに指先をつけてふやかしておくといいでしょう。

◆自爪のケアをする
いつも自爪のケアをしないままで、いきなりネイルチップをつけていませんか?
実は土台となる自爪のケアは、チップがしっかりなじむために必要なんです。
何もしないでつけてしまうと、チップの状態も悪くなります。
甘皮処理が必要な場合はやっておき、エタノールなどで表面の汚れや油分をふきとっておきます。
長すぎる状態でチップをつけても取れやすいので、少し削って整えておきましょう。
こうすることでテープなども剥がれにくくなります。
 (505238)

サイズあわせをする

どんなにお気に入りのデザインでも、自爪のサイズや形に合わなければ外れやすくなります。
太さ・長さ・カーブなどまでしっかり調整します。
必要であればネイルファイルなどで削って少しずつ調整しましょう。
「ネイルチップカッター」によって切ることもできます。
何度もチップを自分の爪に乗せて、合うかどうかを確かめましょう。

ネイルチップのつけ方

装着の仕方は、ネイルチップの種類によります。
多く見られるのは、両面テープのタイプです。
一般的な文具用の両面テープよりも、粘着度が高い物を使いましょう。
つけ爪専用に形が整えられた両面テープ(ネイルシール)もあるので、チップといっしょに用意しておきましょう。
テープはチップの裏側の根元に、ピンセットなどを使って慎重に貼ります。
爪に乗せて根元をぐっと押すことで、よくくっつきます。

◆ワンタッチネイル
最近は両面テープ不要で、最初からチップに粘着材がついた「ワンタッチネイル」のチップも増えています。
「プリグルータイプネイル」という粘着材を使用してもOKです。

◆粘着グミ
テープよりも粘着力があり、ネイルグルーほど手間がかからないグミタイプの粘着材が新登場しています。
ネイルチップ用に売られており、グルーとは異なってチップが何度か使えるのもうれしいポイントです。

いかがでしたか?
ちょっとした下準備で、ネイルチップがもっと楽しくなりますよ。
いろいろなつけ方を試してみてください。



Itnail編集部