コラム コラム 2016年4月23日 更新 お気に入り追加 0

ネイルをグッと華やかにするパールの置き方オススメ3選

2,195 view
ネイルをグッと華やかにするパールの置き方オススメ3選 Itnail編集部

ネイルのデザインのポイントとなるパールですが、みなさんはいつもどのように使っていますか?ワンパターンにはなっていませんか?パールは、置き方ひとつでガラリと印象が変わります。大きさや置き場所を変えるだけで、上品にもかわくもアレンジできてしまうのですよ!今回は基本的なパールの置き方、3パターンをご紹介します。セルフネイル派のみなさん!ぜひぜひ参考にしてください♪

パールの置き方1:ひとつだけ置く

【イットネイル】比較的大きめなパールを、ひとつだけポンと添える。
これが最もシンプルかつ、失敗のない置き方です。

この場合、「薬指だけ」や「人差し指だけ」の「ポイント使い」がオススメです。
キュートなネイルには気品を、シックなネイルには抜け感を与えてくれます。
まるでアクセサリーのように、手先全体が華やぐよう、一役買ってくれるでしょう。

また、可能であれば、パールの上に文字や模様をあしらっても良し。
恋人のイニシャルが薬指にキラリと輝けば……なんだか愛も深まりそうですよね!
 (391012)

パールの置き方2:ネイルの中心に置く

パールは、ネイルの中心に置くと、アクセント効果が高まります。
大きめのものを中心に置けば、かなりのインパクトになるでしょう。

また、小ぶりのものを正方形や線に並べてみても良し。
上品な印象を崩すことなく、ポイントとなってくれるはずです。

上級者のネイルを見てみると、三日月型やネックレスチェーンのようにパールを並べたデザインも。
ベースカラーをピンクにすれば、乙女チックな女の子らしらもグッとアップしそうですね!

パールの置き方3:ネイルの根元に置く

エレガンスなネイルを目指すのであれば、根元パールがオススメです。
爪の生え際の弧に沿ってパールを並べていくのですが、大きめのパールであれば華やかに、小さめのパールであればかわいらしく指先を演出することができますよ!

ベースカラーが赤や緑などの原色系でも、根元パールがあれば上品に。
ホロやビジューとの相性も良いので、装いに合わせて組み合わせを楽しんでみても良いでしょう。

いかがでしたか?
パールは、置き方ひとつで、あなたの指先を上品にもかわいらしくも演出してくれるアイテムなのです。
せっかく用意があるのならば、ワンパターンはもったいない!
大きさや置き場所を変え、いろいろなアレンジを試してみてください♪



Itnail編集部