コラム コラム 2016年8月4日 更新 お気に入り追加 0

ネイル美人はやっている!すっぴん風ネイルアートとは?

3,229 view
ネイル美人はやっている!すっぴん風ネイルアートとは? Itnail編集部

爪にコンプレックスを抱えていると、素爪がキレイな女の子を見るたび羨ましく思ってしまいますよね。でも、ぱっと見た感じは素爪のように見えるあの子も、実は爪がキレイに見える“すっぴん風ネイルアート”をしているのかもしれません。今回は、学校や職場でネイルNGという方でもチャレンジしやすい、すっぴん風ネイルについてご紹介します。

すっぴん風ネイルの魅力ってなに!?

 (459304)

【イットネイル】凝ったネイルアートをしたことで爪がキレイに見えるのはある意味当然ですが、何もしていないのにツヤツヤで綺麗な爪には、本当に憧れますよね。でも、爪がキレイな女の子に「どんなお手入れしてるの?」と聞いてみても「何もしてないよ~」なんて返事が返ってくるだけだったり…。

そこでおすすめしたいのが「すっぴん風ネイル」。

すっぴん風ネイルとは、うっすらカラーリングをしたりちょっとしたアートを施したりすることで、 “何もしていないのに美しい”指先を演出するアートのことをいいます。

そしてこのすっぴん風ネイルには、爪を綺麗に魅せるというのはもちろん、セレクトする色によっては指を細く長く魅せたり指先を綺麗に魅せたりする効果も期待できます。

肌なじみの良いベージュを使ったすっぴん風ネイル

 (459305)

それでは早速、すっぴん風ネイルにチャレンジしてみましょう。
まずは、爪の長さや指の長さ、太さにコンプレックスがある方におすすめのデザインについてです。

爪が短いとネイルアートの幅がどうしても狭まりますし、指が短かったり太かったりすると、デザインによっては指先が“ずんぐりむっくり”に見えてしまいますよね。そこでおすすめしたいのが、ベージュカラーでカラーリングする、という方法です。
肌なじみの良いベージュで爪全体をカラーリングすると、指と爪が一体化して指先をきれいに魅せることができるのです。
ちなみにジェルを使ってアートする場合、ベージュにクリアカラーを混ぜて少し薄めることでよりナチュラルな質感に仕上げることができます。

クリアピンクで元気な印象を与えるすっぴん風ネイル

 (459306)

貧血や冷え症の方は、ネイルベッド(爪のピンク色の部分)の血色が悪くなってしまいがちです。そうすると指先全体がくすんで見えて、なんとなく老けた指先になってしまうこともあります。

そういった場合は、クリアピンクでカラーリングすることをおすすめします。そうすると血色が悪かったネイルベッドが綺麗なピンク色になり、健康的な指先に変身することができます。また爪の血色が良くなることでその周りの肌も綺麗に見えますので、指自体を綺麗に魅せる効果も狙えます。



Itnail編集部