コラム コラム 2015年7月27日 更新 お気に入り追加 1

シンプルイズベスト♡無地のネイルチップまとめ

2,382 view
シンプルイズベスト♡無地のネイルチップまとめ Itnail編集部

ネイルチップは、無地のネイルチップと、アートチップに分けられます。無地のネイルチップは、自分の好きなアートを施す楽しみがあります。

無地のネイルチップはクリアなカラーがおすすめ

【イットネイル】ネイルチップは、無地のネイルチップと、アートチップに分けられます。無地のネイルチップは、自分の好きなアートを施す楽しみがあります。

無地のネイルチップは、ネットやドラッグストア、100均でも買えるようになりました。色やサイズも種類が多く、迷ってしまわれる方も多いと思います。初心者は、透明で、クリアなカラーを選ぶと失敗しにくいです。
 (194076)

無地のネイルチップに簡単にアートをしてみよう

無地のネイルチップは、アートしだいでシンプルにもゴージャスにもできます。初心者でも簡単にできるアートを紹介いたします。
・つまようじの後ろ側にカラーをつけて、点を描いてつなげる。

・爪先だけ色をのせるフレンチ。色を残したい部分に、ビニールテープやラップを貼り、その上からカラーを塗ると失敗しにくい。

チップがクリアの場合は、自爪が見えてしまう場合があります。その場合の対処法はこちら。

・自爪との境目に、クリアでないネイルカラーでアートをする。

・ラインストーンをのせる。

マニキュアの塗り方

基本的に、無地のネイルチップには、マニキュアは2度塗りしましょう。たっぷり全体に塗り、丸1日かけて乾かすぐらいの気持ちで。

練習は、赤色のポリッシュがおすすめです。ムラがなくなったら、他の色に挑戦してみてください。

ベースコートは塗らなくても、マニキュアは綺麗に塗れます。パールやラメの入ったマニキュアや、マットなカラーはコツがいるので、慣れるまでは練習が必要です。

無地のネイルチップの選び方

無地のネイルチップは、全てアートができると思われがちですが、中にはマニキュアをはじいてしまう商品もあります。

マニキュアを塗れないチップは、ケースに「色は塗れません」と記載されているので、購入時にチェックしてみてください。

また、ネイルチップは形作られる工程で剥離剤のような油が塗られている場合もあります。これもマニキュアをはじいてしまうので、アセトンの入っていない除光液などで掃除してからマニキュアを塗りましょう。

こんなに安く手に入る無地のネイルチップ

無地のネイルチップは、インターネットでは大変安く手に入ります。

たとえば、500枚(10サイズ×50枚)で、700円程度で購入できます。1枚あたり1.4円なので、安心してたくさん練習できますね。

種類はプレーンだけでなく、ロングからちび爪まであり、「ちょい足しネイルチップ」「雫ネイルチップ」「超ロング」などという変わったチップもあり、見ているだけで楽しいです。

ぜひ、ネット販売を活用して、お好みの無地のネイルチップを手に入れてください。



Itnail編集部