コラム コラム 2016年2月1日 更新 お気に入り追加 0

実は使える、ネイルチップ!削って自分の爪に合わせて!正しい使い方と自分の爪に合わせる方法

2,337 view
実は使える、ネイルチップ!削って自分の爪に合わせて!正しい使い方と自分の爪に合わせる方法 Itnail編集部

ネイル好きなら1度は買ったことがあるネイルチップ。ネイルサロンでのオーダーからドラッグストアやディスカウントショップなどでリーズナブルに買うことも可能な優れもの。でもすぐ取れたとか、くっつかない、なんて経験してる人も多いはず。オーダーでなくとも取れないネイルチップの使い方、ご紹介します。

チップの形を自分の爪にあわせる!

 (362492)

【イットネイル】まずチップを買ったら一番初めのすること、それはチップの長さや幅を自分のサイズに合わせること。見た目、ちょうどいい長さに見えてもいざ爪に付けてみるとかなり長い爪になってしまうのがチップの特徴。あまり長すぎるネイルチップは不便で、引っかかって取れてしまうことも。そのため自分好みの長さに削りましょう。
またネイルチップは万人が使えるように非常に爪の幅が広めにできています。そのため、そのままつけてしまうと自分の爪の横幅よりもはみだしてしまう結果に。また横幅がはみだしているとチップも取れやすいのでご注意を。
チップを削るときに必要なものがヤスリ。ネイルファイルといって爪そのものにも使えます。チップを削るときには目の荒いものと細かいものと2種類が必要。まずは荒いほうで削って、そのあとで細かいほうで整えるといった具合に削ってみてくださいね。

両面テープは薄めと厚めの両方を用意!

 (362493)

次にチップを爪にくっつけるときに必要な両面テープ。この両面テープ、チップを買ったときに一緒にセットになっていることがほとんど。しかしこれだけではくっつかない、と思ったほうが賢明です。なぜならチップの湾曲が自分の爪に合うとは限らないからです。爪の湾曲具合は十人十色。この湾曲が合わないとなかなか爪に密着せずにすぐに取れてしまいます。逆に湾曲が爪に合っているならばっちりです。
爪の湾曲が合わなかったときにおすすめしたいのが厚手の両面テープ。湾曲が合わないとチップと爪の間に隙間ができてしまいます。その隙間を埋めるために厚手の両面テープが役立つのです。厚手のテープを張ることで隙間がなくなり、爪に密着しやすくなる、ということなのです。薄手と厚手の両面テープで具合を見ながら調整してみて。

グルーはネイルチップ用のみ使って

 (362541)

テープの調整がめんどくさい、もっとがっちり接着したい、そう思って接着剤を使う人も多いはず。そこで気をつけて欲しいのがネイル用グルーのみ、使ってもいい、ということ。つまりネイル用以外の接着剤を使うことはNGなのです。ネイル用グルーは爪に接着すること前提で製造されているため、さほど爪にダメージが加わりません。
しかしほかの接着剤は接着力が強すぎて爪にダメージが残ってしまうのです。しかも取れない、なんていうことも起こります。そうなるとチップをアセトンで溶かさなければならず、そのチップはもう再利用不可能、しかも自分でアセトンを持っていない場合はサロンに行かなければならず、時間とお金もかかる、というありさま。さらにお金をケチって自分で無理やり剥がす、なんてことをしたら爪はぼろぼろで無残な姿になってしまいます。
ネイル用グルー意外は絶対にNG。爪が健康だからこそ楽しめるネイルファッション。爪の健康を第一に考えてくださいね。



Itnail編集部