コラム コラム 2016年10月3日 更新 お気に入り追加 0

初心者必見!ネイルサロンのオーダーで役に立つ基本デザイン

1,116 view
初心者必見!ネイルサロンのオーダーで役に立つ基本デザイン Itnail編集部

ネイルサロンに通ったりセルフネイルをしたりする時に知っておいたほうがいい、ネイルの基本デザイン。ネイリストからデザインを提案された時、「○○って何?」「それってどんなデザイン?」と何度も聞き返すことになるのは、ちょっと嫌ですよね。また、身近な人に聞こうにも、「いまさら聞けない!」という悩みもあるはず。そこで今回は、ネイルのオーダーのために知っておくと便利な、ネイルの基本デザインについてご紹介します。

まず押さえておきたいネイルデザインとは?

 (480911)

【イットネイル】ネイルサロンに行ったり、セルフネイルを始めたりする時に知っておきたい、ネイルアートの基本的なデザイン。
デザインについて詳しくなくてもオーダーは可能ですが、ある程度ネイル用語とデザインのイメージを知っておいたほうがスムーズです。

基本デザイン

初心者向けのベーシックなデザイン。
カラーやネイルパーツでさまざまなアレンジが可能です。

・ワンカラー(単色塗り)

爪全体に一色だけを塗った(べた塗り)、最もベーシックでメジャーな初心者向けデザイン。
シンプル・ナチュラルな仕上がりになりますが、色選びによっては印象ががらりと変わります。

・フレンチネイル

爪の先端を白で縁取り、爪を細長く見せるデザイン。
赤やゴールドなど、白以外のカラーを使うこともあります。
また、「ハートフレンチ」「斜めフレンチ」「逆フレンチ」などアレンジも豊富にあり、まとめて「変形フレンチ」と呼んでいます。

・グラデーション

その名の通り、カラーにグラデーションをかけたネイル。
複数のカラーに変化をつけて塗り重ねた上で境界をぼかし、色の変化を楽しみます。
爪の根元から指先に向かって色が濃くなっていくのが基本。
カラーの組み合わせによって、シンプルにすることもカラフルなネイルにすることもできます。

キラキラ系

ネイル初心者でも簡単に挑戦できるのに、手の込んだネイルに見せることができます。

・ラメ

グリッター入りのジェルやマニキュアで、キラキラした見た目にします。
初心者でも、比較的簡単に華やかにすることができます。
また、グラデーションなどで雰囲気を変えることもできます。

・ホログラム

ホログラム(通称ホロ)と呼ばれる、小さなキラキラパーツを使用したネイル。
ベースを塗ってからホログラムパーツをのせるのが普通ですが、最近では最初からホログラムが入っているネイルがあります。

柄デザイン

爪に柄や模様を描いたネイルです。
細かい柄をきれいに描くには技術が必要なので、やや上級者向けのネイルと言っていいでしょう。

・マーブル

2色以上をまだらに混ぜた、ちょっと神秘的な柄ネイル。

・べっ甲

茶系のカラーをぼかして、本物のべっ甲飴のような模様を表現しています。
特に、秋ネイルとしては定番です。

・ヒョウ柄

アニマル柄ネイルの代表。
バッグや洋服でも人気のヒョウ柄を使った、大人っぽくてかっこいいネイルです。

この他にもさまざまなデザインがありますが、初心者が知っておくといいのは今回ご紹介したデザインです。
ぜひ、ネイルサロンでのオーダーやセルフネイルで役立ててくださいね。



Itnail編集部