コラム コラム 2016年10月3日 更新 お気に入り追加 0

和装だってウェディングネイル!白無垢や色内掛けに合うネイルデザイン

5,124 view
和装だってウェディングネイル!白無垢や色内掛けに合うネイルデザイン Itnail編集部

日本の結婚式といえば、神前式や神社挙式がありますよね。ウェディングドレスも人気ですが、白無垢などの和装に憧れる花嫁様も多くいらっしゃいます。もちろん、ネイルはせずに素爪のままという選択肢もありますが、和装にぴったりなネイルデザインは意外とたくさんあります。和装はネイルをしないほうがいいと思うかもしれませんが、最近はそうではありません。今回は和装ウェディングにぴったりなネイルデザインについて解説します。

和装ウェディングでもネイルがしたい!

 (475687)

【イットネイル】和風デザインのネイルはもともと、普段から使う機会が少ないため、どんなデザインがあるか分からないと言う人も多いでしょう。
和装にはいくつかの種類があるため、衣装の種類に合わせてネイルを選ぶことが基本となります。

白無垢

白無垢の場合は、なるべくシンプルなデザインを選ぶことが多いです。

・ナチュラル

まるで何も塗っていないように見えるナチュラルなデザインにすることで、真っ白な白無垢を引き立てることができます。
肌色に近いベージュやクリーム色・淡いピンクなど、ヌーディーなカラーを使いましょう。
さりげなくグラデーションにするなど、美しく見せる工夫はたくさんあります。

・フレンチ

シンプルなフレンチネイルには、指を細長く・きれいに見せる効果があります。
女性らしく華奢な指は、和装をさらに美しく見せてくれるでしょう。

・ワンカラー / グラデーション

カラーはホワイトが特におすすめ。
ホワイトのグラデーションは白無垢でもドレスでも人気です。

・赤色

ウェディングドレスではできないようなネイルにしたいなら、和風デザインにぴったりな赤色もおすすめです。
ホワイトやゴールドとの組み合わせもおすすめです。
桜や梅といった、和風デザインにあったお花モチーフとの組み合わせも人気です。

色打掛け

最近は、見とれてしまうような彩鮮やかな色内掛けの結婚式も多いです。
特に若い花嫁様には、色内掛けが人気です。
ネイルのデザインは、自分が着る色内掛けの柄やカラーなどに合わせるのが一番です。
色内掛けにはお花や蝶が描かれていることが多いので、それらのモチーフを使ってもいいでしょう。
ウェディングネイルをネイリストにお願いする場合は、当日の衣装のデザインが分かる写真などを見せた上で相談しましょう。

ドレスも着る場合

挙式は白無垢で挙げて、披露宴はウェディングドレスで・・・といった風に、和装もドレスも両方着る花嫁様もいらっしゃるかと思います。
このような場合は、「どちらの衣装にも合うようなデザイン」にするのがもっとも無難です。
たとえば着物のような和風柄を使用したネイルデザインでは、基本的にはドレスには合いませんのでドレスを着たときにちぐはぐになる恐れがあります。
必ず両方の衣装を着ることを伝えて、どちらにも合うデザインをネイリストにお願いしましょう。
一見難しいように思えますが、和装にもドレスにも合うデザインは意外とたくさんあります。

・ネイルチップを使う

どうしても和装とドレスでネイルを分けたいと言う場合は、ネイルチップを利用するのも手です。
衣装を変えるときにチップをつけかえることで、それぞれにぴったりなネイルにすることができます。
ただしチップは取れやすいため、サイズをしっかり測って作ったり予備を用意しておいたりなど、途中で外れるといったトラブルを避ける工夫が必要です。

いかがでしたか?
ドレスではできないようなデザインも可能な和装ウェディング。
自分にぴったりなデザインを見つけてください。



Itnail編集部