コラム コラム 2016年11月13日 更新 お気に入り追加 0

セルフネイル | ジェルネイルを綺麗に塗るコツ3つ

4,915 view
セルフネイル | ジェルネイルを綺麗に塗るコツ3つ Itnail編集部

ネイリストさんを見ているととても簡単そうなのに、いざ自分で施術するとなるとムラになったり長持ちしなかったりするジェルネイル。皆様の中にも、なかなか上手に施術できなくて結局サロンに通っている、という方がいるのではないでしょうか。しかしジェルネイルは、コツさえつかめばセルフでも綺麗に仕上げることができます。そこで今回は、ジェルネイルを綺麗に仕上げるための施術のポイントについて、詳しくチェックしてみましょう。

いろいろな形のブラシを使い分けよう

 (507830)

【イットネイル】皆様はジェルネイルをする際、何種類くらいのブラシを使っていますか?実はジェルを塗るためのブラシには、

・先がまっすぐカットされた平筆
・先が丸くカットされたオーバル型ブラシ
・先が斜めにカットされたフレンチアート用ブラシ
・細筆

といったように様々な種類があります。

そしてベースジェルやカラージェルなど爪全体にジェルを塗る場合、甘皮の形に沿うようにカットされたオーバル型ブラシを使うと、綺麗に仕上げることができます。またフレンチデザインをつくるときは、細筆ではなく筆先が斜めにカットされたフレンチアート用ブラシを使うと、セルフでも綺麗なフレンチラインが描けます。
細筆にもストライプラインが簡単にかける長めのブラシや細かいアートがしやすい極細ブラシなどいろいろな種類がありますので、アートによって使い分けてみてはいかがでしょうか。

一度に沢山のジェルを塗りすぎないことも大切

 (507831)

ジェルがムラになることが多いという方の場合、一度にジェルを塗り過ぎている可能性があります。特に発色が弱いジェルやラメ入りジェルを塗る場合、綺麗に仕上げようという一心から一度に沢山のジェルを爪に乗せる方が多いようです。
しかしジェルの塗りすぎはムラの原因になりますし、仕上がりもぼってりした感じになってしまいます。
そこでジェルを塗る際は、爪表面を薄くコーティングするくらいの感覚で施術し、ジェルを乗せすぎないよう注意しましょう。一度塗りでは発色が弱い場合は、二度塗り、三度塗りをすることで綺麗に仕上げられます。

ジェルが甘皮や爪の両側につかないように注意しよう

 (507832)

セルフネイルをしていると、ジェルがはみ出て甘皮やサイドに付着してしまいがちです。特に利き手への施術をする場合、なかなか上手くジェルを塗ることができませんよね。
しかしジェルが皮膚に付着すると、そこから油分や水分が入ってリフトしやすくなります。

そこでジェルネイルをする際は甘皮などにジェルが付着しないよう、慎重に作業を進めるようにしましょう。利き手の施術をする場合は、1本ずつ仮硬化させながら作業をするというのもおすすめです。



Itnail編集部