コラム コラム 2015年7月30日 更新 お気に入り追加 0

爪と肌を守るための正しいジェルネイルオフの方法

5,189 view
爪と肌を守るための正しいジェルネイルオフの方法 Itnail編集部

ジェルネイル向けの除光液として、「ジェルリムーバー(ジェルオフリムーバー)」が販売されています。最近は雑貨屋さんやドラッグストア、コンビニなどでも手軽に入手できます。

ジェルリムーバーとは

【イットネイル】ジェルネイル向けの除光液として、「ジェルリムーバー(ジェルオフリムーバー)」が販売されています。

最近は雑貨屋さんやドラッグストア、コンビニなどでも手軽に入手できます。

「ネイルリムーバー」などの名称で売られているマニキュア向けの除光液ではありません。

「ジェルネイル用」と記載されている、ジェルリムーバーを買いましょう。

ちなみに主成分は「アセトン」なので、アセトンを買っても代用できます。
 (85247)

ネイルファイルで軽く削る

ジェルリムーバーを使う場合、ネイルファイルで軽く削っておくとスムーズに落とせます。

これはジェルにリムーバーが浸透しやすくするようにするための、大切な作業です。

だからといって力を入れて無理やり削ったり、深く削るのはNG。

また、白爪を落とさないように気をつけます。

コットンやアルミホイルを上手く使う

ジェルネイルオフでは、どこの家庭にもあるコットンとアルミホイルが活躍します。

この2つを上手くを使えば、よりスムーズに作業が進みます。


コットンは、爪のサイズに合わせて、4つ切りくらいにあらかじめカットして使います。

カットしたコットンは、リムーバーに浸してから使います。


アルミホイルは爪に巻けるサイズにカットして使います。

通常のアルミホイルに限らず、カップタイプのアルミホイルでも大丈夫です。

コットンの上から指先に巻いて、コットンについたリムーバーが蒸発するのを防ぐのに使います。

保湿ケアを忘れずに

コットンをしみこませて爪にのせ、その上からアルミホイルで指を包んだ状態のまま、10分〜15分ほど待ちましょう。

時間がたてばホイルとコットンを外し、リムーバーがなじんでジェルが柔らかくなっているはずです。
こうなってしまえば、あとはウッドスティックなどで削っていけばスムーズに取れます。


最後は、爪と指にキューティクルオイルを塗って完了させましょう。

オイルを塗るのは爪と指先の保湿のためです。

面倒くさがらずにしっかりアフターケアをしましょうね。


Itnail編集部