コラム コラム 2016年12月9日 更新 お気に入り追加 0

ネイリストとしての様々な働き方を徹底調査!ネイル好きを仕事に。

1,065 view
ネイリストとしての様々な働き方を徹底調査!ネイル好きを仕事に。 Itnail編集部

ネイルのプロとして仕事をしたい!サロンで働くネイリストのほか、アーティストとして、講師として、出張ネイリストとして。ネイルのプロとしては様々な働き方があります。それぞれに必要とされることは異なりますが、好きを仕事にできるのは、手に職を身につけたからこそできることです。あなたにはどれが向いていますか?

ネイルストの働き方〜ネイルアーティスト〜

 (507815)

【イットネイル】ネイリストとして働くことは、必ずしもサロンでお客様を綺麗にするということだけではありません。ネイリストとして働くには様々な道があります。あなたに合った働き方はありますか?
ネイルを芸術として世に広めていくネイルアーティストという仕事があります。唯一無二なネイルデザインを生み出してそれをアートとして表現するネイルアーティストは、芸術的かつセンスが問われます。オリジナルな要素が生み出せるネイルアーティストは、雑誌や広告などのメディア露出や、コレクションなどに参加し、名前を売っていくことでお仕事の幅も広がります。

ネイリストの働き方〜ネイル講師〜

 (507816)

自分が得た知識や技術を、これからネイリストを目指す生徒さんに教えるのがネイル講師です。ネイルスクールは有名で生徒数の多いスクールから、少人数制のネイルスクールまで様々です。ネイル講師は生徒さんによりわかりやすく伝える能力や、ネイリストを育てたいという気持ちが必要です。
また、ネイル講師は、得意分野があるということよりも、すべてにおいて均等に教えることができなければなりません。
ネイル講師として働くには、ネイルサロンでの経験が必要ですし、ネイル検定の取得、コンペティションへの参加をすることで、講師としての信頼も得られるでしょう。

ネイリストの働き方〜出張ネイリスト〜

 (507817)

ネイリストはサロンでお客様に施術をするのが主流ですが、ご自宅や施設などに出張して施術をするという働き方もあります。サロンを持たないため、ネイル用品一式は常に持ち歩くことになります。また、お客様のプライベート空間に入るため、常識をわきまえていることが必要です。
出張ネイリストが指定の場所に行くので、時間管理などがしっかりできたり、時間の融通が利く人が向いています。
ネイリストとして活躍の場は様々です。自分に合った働き方が見つかると良いですね。



Itnail編集部