コラム コラム 2016年9月12日 更新 お気に入り追加 0

ちょっと待った!ネイルサロンへ予約する前に確認すべきこと3つ

576 view
ちょっと待った!ネイルサロンへ予約する前に確認すべきこと3つ Erica

ネイルサロンへ予約したいと思っても、まずは深呼吸!本当にその日に行ける?他の用事と被っていない?極力、予約のキャンセルはしないように!今回は、ネイルサロンへ予約する前に確認すべきことをご紹介いたします。

本当に大丈夫?

 (504329)

【イットネイル】来週の○曜日たしか空いていたし、予約しちゃおっかな~!
友人との待ち合わせに早く来てしまった分、手持無沙汰になって勢いで予約。
後から手帳を確認して、ダブルブッキングが判明することも少なくないでしょう。

ネイルサロンにとって、たった一人でのお客様が直前、あるいは無断にキャンセルすることは命取りになります。サロンへ予約する前に、本当にその日行けるのかどうかを確認しないと。

そこで今回は、ネイルサロンへ予約する前に確認すべきことをご紹介いたします。

手帳を必ず確認

 (504332)

カフェに入って、ぼ~っと過ごしている間に「そうだ、ネイルへ行こう!」と思いつき、手帳も確認せずにそのまま予約しちゃうときってありませんか?

しかし、大抵その日は他の用事が入っているか、イレギュラーに仕事が入っていたりと、必ずダブルブッキングしているもの…。

いくら前もってキャンセルするとはいえ、ネイリストさんからしてみれば、もうちょっとスケジュールを確認してから電話をしてきてほしいと思っているでしょう。

テンションがアガって「ネイルに行きたい」と思っても、そのまま電話をするのではなく、必ず手帳を確認。予定と照らし合わせて、確実に行ける日にちを選びましょう。勢いで電話しても、結局、後からキャンセルすることになりますよ!

施術内容は?

 (504336)

ネイルサロンへ予約するときは、必ずどんな施術内容をしてほしいか伝えます。
ネイルサロンによってはカラーやデコレーションではなく、ハンドケア・フットケアのコースがあったりとバリエーション豊富。

たとえ長く通い続けていても、ハンドなのかフットなのか、あるいはお手入れなのか、詳細を必ず伝えましょう。電話してから「え~どうしよっかな~!」と悩み始めるのは、マナー違反。ネイリストさんの貴重な時間を奪ってしまっていることになりますから気をつけてください。

ネイルの種類は?

 (504339)

たとえば「ハンドネイル」を予約したとしましょう。
お客様からネイリストさんへ伝える用件はこれだけではありません。

「ネイル」といっても種類はさまざま。
馴染みのあるマニキュアもあれば、定番のジェルネイル、ポリッシュなど、それぞれ施術の進め方や用意しなければいけないものも変わってきます。

予約を入れる前にどんなネイルにしてほしいのかを必ず自分の中で内容をまとめたうえで、サロンへ連絡を入れましょう。


勢いだけでネイルを予約しても、結局キャンセルするだけ。
ネイリストさんからしてみればキャンセルするくらいなら入れなければいいのにと思ってしまいます。

よっぽどの事情がない限り予約をお断りすることがあってはいけません。電話やネットから予約する前に、本当に当日行けるのかよく確認してから施術をお願いしましょう。