コラム コラム 2015年10月15日 更新 お気に入り追加 2

ネイルアートだけが原因じゃない?二枚爪の原因と治療法

2,479 view
ネイルアートだけが原因じゃない?二枚爪の原因と治療法 Itnail編集部

普段ネイルを楽しんでいる女性に多い悩みといえば、二枚爪。単にネイルアートのしすぎというだけでなく、それ以外の原因もたくさんあるのをご存知ですか?今回は意外と知られていない二枚爪の原因と、改善方法について紹介しています。

二枚爪の原因は他にもある?

【イットネイル】普段ネイルを楽しんでいる女性に多い悩みといえば、二枚爪。
単にネイルアートのしすぎというだけでなく、それ以外の原因もたくさんあるのをご存知ですか?

今回は意外と知られていない二枚爪の原因と、改善方法について紹介しています。
 (301470)

そもそも二枚爪とは?

一般的に「二枚爪」と呼ばれる爪の症状は、正式には「爪甲層状分裂症(そうこうそうじょうぶんれつしょう)」といいます。
爪甲剥離症の一つでもあるこの状態は、放って置くと爪の割れや剥がれなどさらなる症状に発展することもあるのです。

二枚爪は爪先から割れて2枚になっているように見えるため、一般的には二枚爪と呼ばれているというわけです。

どうして二枚爪になるの?

原因はさまざまありますが、爪の大敵である乾燥が大きな原因となっています。
爪の水分が蒸発し、極端に乾いた状態になると割れやすくなり、次第に二枚爪になっていくというわけです。
このため夏場よりも乾燥しやすい季節、つまり秋や冬などは二枚爪になりやすい時期。
肌も乾燥しやすいこれからの季節は、肌の保湿といっしょに十分な爪の保湿が必要です。

またマニキュアやジェルネイルをしていると、除光液を使う機会がどうしても出てきますので、それによって爪が乾燥してダメージを受けます。
除光液は爪の油分や水分を奪い、二枚爪の原因となりやすくなります。

ネイルアートをしない人でも…

ネイルアートをせず除光液を使わない人でも、
仕事や家事などで水を手にさらす機会の多い人は二枚爪になりやすいです。
また冷え性・多汗症・深爪・栄養不足なども二枚爪になりやすい原因です。

どうやって治すの?

病院などでは保湿系の薬が処方されます。
ただし薬などでは一時的に症状が良くなっても、
乾燥しやすい環境が改善されなければまた再発することがあります。

爪に負担をかけない・保湿を十分にする・水仕事はゴム手袋などで手を守るなど、二枚爪の予防が大切です。
ネイルアートをしている人は、オフの回数を減らして除光液を使った後のネイルケアをしっかりするようにしましょう。

正しい知識と方法で、二枚爪をしっかり予防しましょう。



Itnail編集部