コラム コラム 2019年5月24日 更新 お気に入り追加 0

ギンガムチェックネイル。大人っぽく楽しむにはどうすればいい?

609 view
ギンガムチェックネイル。大人っぽく楽しむにはどうすればいい? Itnail編集部

可愛いデザインやPOPなデザインが多い、ギンガムチェックネイル。若い世代の人が楽しむネイルというイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、デザインによっては大人女子も楽しめる素敵なネイルに仕上げられます。この記事では、ギンガムチェック柄をアートして作る大人なネイルデザインをご紹介します。

クリアベース×ホワイトギンガムチェックで爽やかに

ネイルサロンtricia

ネイルサロンtricia

これからの季節にぜひおすすめしたいのが、クリアベースにホワイトのギンガムチェック柄をアートしたデザインです。

例えば、爪4本は春色を使ったシンプルなフラットネイルにして、爪1本だけをクリアベース×ホワイトギンガムチェックネイルにするデザインはいかがでしょうか。5本すべての爪をクリアベースにして、ホワイトのフレンチデザインとギンガムチェックデザインを組み合わせるアートも素敵ですね。

ポイントでパールやストーンをプラスするアレンジもおすすめですよ!
Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)

モノトーンカラーのギンガムチェックネイルも素敵

I nails (アイネイルズ)

I nails (アイネイルズ)

大人女子の皆様には、モノトーンカラーでアートするギンガムチェックネイルもおすすめです。

例えば、爪を上下半分にブロッキングしたうえで爪先側にベースカラーを塗り、その上にブラックのギンガムチェック柄をアートするデザインはいかがでしょうか。ギンガムチェックを構成するラインは、わざとかすれさせたり透明感を出したりすると、より大人っぽく仕上げられます。

ブラック×ホワイト、ブラック×グレー、グレー×ホワイト、というようにモノトーンカラーの組み合わせも工夫してみてくださいね!
Laughin’Nail (三重・松阪)

Laughin’Nail (三重・松阪)

ギンガムチェックのポイントアートでお洒落度高めに!

Nail Angeal

Nail Angeal

ギンガムチェック柄は、ポイントアートとして取り入れてみるのもおすすめです。例えば、カラシ色やスキンカラー、ボルドーといった大人カラーのワンカラーネイルをベースとしつつ、爪の中央にギンガムチェック柄をアートするデザインはいかがでしょうか。

ギンガムチェック柄の上下にラメやラインテープを重ねたり、ストーンやスタッズをあしらったり、といったアレンジも素敵ですよね。ブリオンやストーンでお好みの形の枠を作り、その中にギンガムチェック柄をアートするデザインもおすすめです。

最近はギンガムチェック柄がプリントされたネイルシールも販売されていますので、チェック柄を描くのが苦手なセルフネイラーさんは、こういったアイテムを使ってみるのもおすすめですよ。



Itnail編集部