コラム コラム 2016年11月30日 更新 お気に入り追加 0

ネイルポリッシュの取扱説明書 | 意外と知らないあれこれ教えます!

800 view
ネイルポリッシュの取扱説明書 | 意外と知らないあれこれ教えます! Itnail編集部

女性ならほとんどの方が1つは所持しているのではないかという“ネイルポリッシュ”。しかし、固まってしまったり、ドロドロなっていたり、変色していたりと何かと疑問も多いはずです。そんなあなたのためのネイルポリッシュの取扱説明書です。

ネイルポリッシュは何からできているの?!

 (515701)

女性ならほとんどの人が1本は持っているネイルポリッシュ。その成分はアクリルやニトロセルロースなどの合成樹脂を着色し有機溶剤に溶いたものです。
もともとネイルポリッシュは、1950年代にアメリカで自動車用のラッカー塗料の発明から生まれたものなので、ラッカーとほぼ同じです。有機溶剤の刺激臭により、ネイルポリッシュは独特な匂いを発します。ですから、ネイルポリッシュを使用する際は、お部屋の換気を十分にし長時間の使用は避け、火気を遠ざけなければなりません。

気がついたら使用不可!ネイルポリッシュあるある

 (515702)

ネイルポリッシュを塗ろうと思ったらよくあることが蓋が開かなかったり、固まっていたり、ネイルポリッシュがドロドロして塗りづらいということ。そんな経験ありませんか?まだ1~2回しか使っていないのにどうしてそのようなことが起こるのでしょうか。その原因はボトルの縁に残ったネイルポリッシュです。ネイルポリッシュを塗る時には縁でハケをしごいて必要な量を取りますよね。そのしごいたネイルポリッシュが酸素に触れることで徐々に固まってきてしまうのです。その結果中身がドロドロになったり、固まってしまったり、蓋が開かなくなるということが起こります。
こうならないための対策は、使い終わったら必ず除光液を含ませたキッチンペーパーでボトルの縁をキレイに落とすことです。ボトルの中のドロドロは、薄め液を使いましょう。

ネイルポリッシュの保管方法はどうするの?!

 (515703)

ネイルポリッシュの保管場所にも注意が必要です。直射日光が当たる窓際はNGです。固まりやすくなったり、色が変色しやすいのです。日の当たらない湿気の少ない場所が理想です。冷蔵庫の中も保管場所のひとつです。冷蔵庫は乾燥している冷暗所なので、ネイルポリッシュには適した保管場所と言えるでしょう。ただ、忘れてしまいがちなので、100均のクリアケースなどに入れておくことをオススメします。
このように、ネイルポリッシュが気がついた時には使い物にならなくてはもったいないので、取り扱いには十分注意しましょう。



Itnail編集部