コラム コラム 2017年2月16日 更新 お気に入り追加 0

ネイルの形を決めるときは○○に合わせるべし!

1,312 view
ネイルの形を決めるときは○○に合わせるべし! Itnail編集部

ネイルの形は様々ですが、実は5つもあるのをご存知ですか?長さは変えていないのに、形を変えるだけでその印象はガラリと変わります。 自分の指先でコンプレックスがある方は、形を変えてみると良いかもしれませんよ。

何となくは知っているけど…爪の形と名称のおさらい

 (529092)

爪の形にはそれぞれ名前があります。まずは5つの呼び名とどんな形なのかを紹介します。

◆ポイント
いわゆるとんがった形です。丸みがなく、鋭利でハードな印象です。デメリットとしては強度に欠けるので長さがあるとその分折れやすいです。
◆オーバル
ポイントよりも緩やかな丸みを持った卵のような形。現在最もポピュラーな形です。
◆ラウンド
サイドは真っ直ぐ残し先だけ丸みを帯びた形です。ネイリスト検定2級で指定される基本的な形。
◆スクエア
真四角です。角も鋭利なままなので日常生活には向きません。
◆スクエアオフ
スクエアの角を取ったものです。以前はこの形が一番主流でした。
 (527391)

自分に合う形はどれ?強度も変わる!

 (527389)

一般的にボピュラーな形はオーバルかスクエアオフ。もちろん好みに合わせて選ぶのが一番ですが、ライフスタイルやコンプレックスに合わせて選ぶのもオススメですよ。

◆スクエアオフ
爪の幅が先端まで変わらないこの形は、実は指を一番長く見せてくれるんです。強度としてもスクエアは一番強く爪がすぐ折れやすいと感じている方にはオススメです。

◆オーバル
ショートネイルさんにはこちらが断然オススメです。爪の短さを強調せずナチュラルな仕上がりに。長さがある人も、スクエアオフのように「ネイルしている!」という印象が苦手な方はこちらが向いています。強度はあまり強くないので、パソコンワークの方や爪がすぐ折れる方は避けた方が◎。

自分でも簡単にできる!ヤスリの使い方

 (527390)

自分で整える際には、爪を傷めないように紙ヤスリを使用し、一方向に優しく動かすようにしましょう。
親指、中指、薬指でヤスリの端を持ち、角度は45度を意識すると上手く削れますよ。力を入れる必要はありません。最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れてくると簡単にできますよ。
爪の形が違うだけで、同じデザインでも全く違う見え方をします。見た目や使い勝手の良さ、強度などを考慮して好みの形にしてみて下さい。形を変えるだけでも気分転換になりますので、是非参考にしてみて下さいね。



Itnail編集部