コラム コラム 2016年6月10日 更新 お気に入り追加 0

ネイルのお悩み解決: 先端が欠ける、割れる、二枚爪になる原因と予防法

1,056 view
ネイルのお悩み解決: 先端が欠ける、割れる、二枚爪になる原因と予防法 Itnail編集部

爪の先端がなんか白いな、と思っていたらぺりっと二枚にはがれた、そんな経験も多いはず。その二枚爪、放っておくと切っても切っても二枚爪になってしまい、さらに爪が割れてしまいます。二枚爪になる原因と予防法、お教えします。

二枚爪の仕組み~爪は3層になっている~

 (437476)

【イットネイル】爪は本来ミルフィーユのように層が重なっています。3層になっていて、背爪(はいそう)、中爪(ちゅうそう)、腹爪(ふくそう)、と呼ばれ、背爪が一番上の部分、腹爪が皮膚にくっついている部分です。この背爪と腹爪はものすごく薄い繊維から成り立っているため、もともとはがれやすいといえます。
これらの層がなんらかの刺激によってはがれてしまうのが二枚爪です。一番上の背爪がはがれることが多く、腹爪だけが残った状態では爪はふにゃふにゃです。また腹爪だけが残った状態では、痛くてものが掴めないなど、かなりの痛みをともなうので爪が使えない状態となってしまいます。

爪切りも原因に、二枚爪になる主な原因5つ

 (437479)

二枚爪になる主な原因はこの5つです。

・乾燥
爪は12~16%が水分といわれています。この水分が失われると乾燥して割れてしまうのです。家事や炊事、掃除などに使われる洗剤やエナメルリムーバーなどが原因です。また冷暖房も乾燥の原因に。

・爪への衝撃
爪でカリカリとシールをはがしたり、アクセサリーの留め金をとめていたり、些細なことでも爪にとっては大きな衝撃です。また爪切りもかなりの衝撃で、パチンというその瞬間に二枚爪になってしまいます。

・血行不良
冷え性で手足が常に冷たい、そんな人は血行が悪いため栄養が爪先まで行き届いていません。

・栄養不良
爪はたんぱく質でできています。栄養の偏った食事や不規則な生活で栄養が足りなくなっていると二枚爪に。

・病気
貧血や甲状腺の病気になると爪にも症状があらわれやすいといいます。

二枚爪の予防には保湿とヤスリが必須

 (437482)

髪の毛の枝毛と同じで一度二枚爪になってしまった部分は治りません。そのため生えてくる爪を健康にする必要があります。二枚爪の予防として・・・

・保湿
キューティクル周りにネイルオイルやクリームを塗ることで乾燥を防ぎます。

・手と指、爪周りのマッサージ
血行が悪くては指先に栄養が届きません。そのため手、指、爪周りののマッサージが大切。指の股を軽く押す、指の先端に向かって指をさする、爪周りをくるくると優しくマッサージしましょう。必ずマッサージクリームやオイルを忘れずに。

・規則正しい生活とたんぱく質の摂取
爪はたんぱく質でできています。肉や魚、大豆製品などたんぱく質の多い食事と規則正しい生活でバランスよく栄養を取ることを心がけましょう。

健康な爪あってのネイルファッション。爪が健康でないとジェルもポリッシュも持ちが悪くなってしまいます。爪を大切にすることもファッションの一部といえますよ。



Itnail編集部