コラム コラム 2016年8月12日 更新 お気に入り追加 0

どっちがいいの?ジェルネイルのUVライト vs. LEDライト徹底比較

4,058 view
どっちがいいの?ジェルネイルのUVライト vs. LEDライト徹底比較 Itnail編集部

セルフジェルネイルに欠かせない、硬化用のライト。さまざまな商品が登場していますが、現在メジャーなのは「UVライト」と「LEDライト」の2種類です。ライトをこれから買おうという方はどちらを買うべきか悩んでいるのではないでしょうか? ライトを選ぶためにはまずどっちにどのようなメリットやデメリットがあるのかを、知っておく必要があります。これからセルフでジェルネイルを始めるという方に向けて、UVライトとLEDライトの比較を紹介します。

結局、どっちがいいの?

【イットネイル】ジェルネイルには、爪に塗ったジェルを硬化するためのライトが欠かせない存在となっています。
しかしそのライトにはいくつかの種類があり、主に使われているのは「UVライト」と「LEDライト」の2種類。
これからジェルネイルを始めるという人の中には、結局どっちのライトにすればいいのか、悩んでいる人も多いと思います。
まずは両ライトのメリットとデメリットを、知っておきましょう。
 (456997)

UVライト

ジェルネイル登場時から使われていた、UVの光を利用した蛍光灯タイプのライトです。
激安ジェルネイルキットなどに入っているライトの大半は、UVライトがほとんどです。

メリット

・「LED専用」以外のジェルなら固まる

・本体の価格が安い

デメリット

・ランプ部分のこまめな交換が必要

・硬化には時間がかかる

LEDライト

さまざまな場面で使われるようになった、LEDの光を利用したライトです。
照明などもどんどんLEDに変わりつつありますが、ジェルネイルのライトにもLEDを使ったものが多く登場しています。
UVライトに代わるライトとして人気が上がっていますが、ジェルはLED専用、もしくはUV・LED両方に対応しているものを選ぶ必要があります。

メリット

・硬化時間が短い

・半永久的に持つので交換は不要

デメリット

・LED非対応のジェルは固まらない

・本体の価格が高い

LEDライトは本体こそ高いですが、ランプは半永久的に持つので、交換の費用や手間はかかりません。

これからジェルネイルを始めるなら・・・

どちらもメリットとデメリットが存在するので、「結局どっちが良いの?」と思うかもしれませんが、これからジェルネイルを始めるというならLEDライトをおすすめします。
UVライトとの一番の違いは、硬化時間がかからないことです。
高性能なLEDライトであれば、10秒程度ですぐに固めることができます。

急いでいるときに固まらなくてイライラ・・・ということにならずに済みます。
忙しい方ほど、LEDライトの方が向いているといえるでしょう。
特にセルフで本格的なデザイン・繊細なアートにも挑戦しようという方には、すぐにジェルが固められるというのは仕上がりにも影響が出るので重要となります。

現時点ではUV対応ジェルの方が多いように見えますが、LEDライトの普及から、今後は両対応もしくはLED専用のジェルが増えていくでしょう。
ですので、これからライトを買うという人にはLEDの方がおすすめです。

ジェルネイルキットもついつい安いものを選びがちですが、安いものはUVライトが大半で、その中にはすぐ壊れるような粗悪な製品も見られます。
ジェルネイルキットの選び方には、注意しましょう。



Itnail編集部