コラム コラム 2016年10月26日 更新 お気に入り追加 0

爪が小さいのが悩み▷アートを詰め込んだネイルデザインがおすすめ!

1,329 view
爪が小さいのが悩み▷アートを詰め込んだネイルデザインがおすすめ! Itnail編集部

ポリッシュ、ジェル、ネイルファッションを楽しむ上で爪が小さいって子供みたいでイヤ、そんなコンプレックスを持っている人もいるはず。しかしなかなか爪の大きさは変えられるものではありませんよね。そこで小さな爪をごまかせるネイルデザインのご紹介です。

小さい爪を大きくするには気長に手入れを

 (498563)

【イットネイル】ジェルネイルを何年もしていたらネイルベッドが長くなった、よくある話です。ネイルベッドとは爪と皮膚がくっついている部分のこと。
通常ジェルネイルは4週間ほどつけたまま、つまり爪を伸ばしっぱなしということです。それによって爪裏の皮が爪にくっついたまま伸び、ネイルベッドが伸びるのでです。ジェルネイルを続けていれば爪が細長くなるはず。爪が小さいことにコンプレックスを感じている人には朗報。
しかし何年も続けない限りネイルベッドは長くなりません。そこで小さい爪をごまかしてくれるネイルデザインのご紹介です。

ワンカラーはNG!爪の大きさが目立つデザイン

 (498564)

最近ひじょうに増えているワンカラー。このデザインは爪の大きさを余計に目立たせてしまいます。そのため爪が小さいことで悩んでいる人にも、逆に大きくてコンプレックスになっている人にもNGデザイン。
また爪のフォルムもはっきりでるので爪の形が悪い、折れている、そんな悩みのある人にもおすすめしません。
しかし、赤や黒といった目立つカラーでは、小さい爪だからこそいやらしくならずに可愛らしくなるともいえます。
可愛らしい感じの雰囲気にしたいときにはおすすめですよ。

凝ったデザインのネイルがおすすめ

 (498565)

爪の小ささを目立たせないためにはネイルアートがおすすめです。ネイルアートといってもラインストーンをモリモリ盛る必要はなく、ラメやホログラムなどを埋めたデザイン性の高いものにすればOK。ラメやホログラムは光の反射で爪の大きさをごまかしてくれるアイテム。
またペイントアートやピーコックなどもおすすめ。個性的なデザインが楽しめるはずです。
デザインに凝っていると、爪の大きさよりもデザインに目がいくため小ささが目立たないという利点があるのです。
しかしセルフネイラーさんにとってデザイン性の高いものは少しハードルが高いですよね。そんなときはネイルシール。貼るだけで色々なデザインが楽しめて楽チンです。またポリッシュやジェルに色むらができたなどの失敗も隠せます。
派手目のネイルが好きではないならベースカラーと似たような色のシールやラメ、ホログラムを選んで。派手さが解消されますよ。

爪が小さくても自信を持ってネイルファッションを楽しんで!



Itnail編集部