コラム コラム 2018年7月25日 更新 お気に入り追加 0

上品にもハードにも!ピンドットネイルのデザインバリエ

830 view
上品にもハードにも!ピンドットネイルのデザインバリエ Itnail編集部

オフィスシーンでも使いやすく、とても上品な仕上がりになるピンドットネイル。ただこのデザインは、描くドットのカラーや組み合わせる模様によって、様々なバリエーションが生まれます。この記事では、大人女子におすすめしたいピンドットネイルデザインをご紹介します。

ピンドットネイルってどんなデザイン?

Rapure Nail (大阪)

Rapure Nail (大阪)

ひとくちに「ドットネイル」と言っても、そのデザインは様々ですが、大人女子の皆様におすすめしたいデザインに「ピンドットネイル」があります。

ピンドットとは、「点」のように小さな丸を描いたドット模様のことで、洋服の製作に用いられる生地にこの柄が使われる場合、ひとつひとつのドットが規則的に配置されるのが一般的です。

大きい丸を描くドット柄とは異なり、とても上品に仕上がるピンドット柄は、大人女子のネイルにふさわしいデザインだと言えるでしょう。
Rapure Nail (大阪)

Rapure Nail (大阪)

ドットのサイズに変化をつけて楽しむ

noooooca. (東京都港区)

noooooca. (東京都港区)

ピンドットネイルは、小さな点だけでなく、やや大きめの丸と組み合わせてアートしてみるのもおすすめです。

例えば、ネイルをいくつかのブロックに分け、最も広いブロックにはメインとなるピンドット柄を、残りの部分にはやや大きめのドット柄を描いてみるのはいかがでしょうか。爪の左1/3にはピンドットを、中央にはやや大きめのドットを、右1/3にはさらに大きいドットを…というように、ドットのサイズを少しずつ大きくしていくグラデーションデザインも素敵ですね。

また、爪ごとに描くドットの大きさを変化させてみるのもいいでしょう。
cocotier (愛知県刈谷市)

cocotier (愛知県刈谷市)

メタルスタッズを使ったピンドットネイル

Britney TOKYO

Britney TOKYO

ピンドットネイルは、メタルスタッズを使ってカッコいいデザインに仕上げるのもおすすめです。

例えば、0.8ミリ~1ミリくらいの極小サイズのメタルスタッズを規則的に並べ、ロックなピンドットネイルを作る、というのはいかがでしょうか。ベースカラーをブラックやボルドーにしてハードな仕上がりにしたり、グレーやカーキでベースカラーを塗った上にシルバーのメタルスタッズでピンドット柄を作っていったり…。

ベージュ系カラーやピンク系カラーをベースに使えば、オフィスネイルに使えるピンドットネイルを作ることもできそうですね。上品に仕上げたい場合は全ての爪にメタルスタッズを使うのではなく、好きな指1~2本くらいにアートを施すといいでしょう。



Itnail編集部