コラム コラム 2015年7月30日 更新 お気に入り追加 0

丈夫でキレイな爪を作るためのビタミンと種類

1,927 view
丈夫でキレイな爪を作るためのビタミンと種類 Itnail編集部

ネイルアートを存分に楽しむためには、保湿など外側からのケア以外にも、普段の食事によって丈夫でキレイな爪を作る必要があります。そのために重要な成分として、健康成分や美容成分としても有名なビタミン類があります。

きれいで丈夫な爪を作るビタミン

【イットネイル】ネイルアートを存分に楽しむためには、保湿など外側からのケア以外にも、普段の食事によって丈夫でキレイな爪を作る必要があります。

そのために重要な成分として、健康成分や美容成分としても有名なビタミン類があります。
 (85256)

ビタミンにはさまざまな種類がありますが、爪に限らず健康や美容にとっても重要な成分。

このビタミンが不足すると、爪が薄くなったり、もろくなって割れやすくなったりすることもあります。

ビタミンの中でもビタミンAは、高い抗酸化作用があり、薄くなってしまった爪を丈夫にしてくれます。

緑黄色野菜・レバー・うなぎ・卵などに多く含まれています。

ビタミンB群(B2とB6)

多くの種類があるビタミンB群の中でも、爪にいいとされるのはビタミンB2、ビタミンB6などです。


ビタミンB2は細胞の再生を活発にして、体のさまざまな部分を正常に再生させる効果があります。

もちろん爪にも同様の効果を発揮し、ネイルアートでダメージを受けた爪も、健康的な爪に再生させます。

多く含まれるのは、さば・いわし・うなぎなどの魚介類、緑黄色野菜やリンゴなどの果物です。


ビタミンB6は、爪の材料になるケラチン生成に関わる成分です。

サケや青魚、ゴマ・納豆などに多く含まれます。

その他のビタミン類

ビタミンEは、数あるビタミンの中でも高いアンチエイジング効果があることで有名です。

老化などによって爪が黄色くなってくるのを防いでくれます。

植物油、ホウレンソウ、ナッツ類などに多く含まれます。


ビタミンDは日光と深い関係のあるビタミン。

日光を浴びることで体内で作られますが、日光をあまり浴びない人には不足しがちです。

カルシウムやリンなどのミネラルの吸収率をアップさせ、爪はもちろん骨や歯を丈夫にしてくれます。


ビオチンと呼ばれるビタミンHは、正常な肌の状態の維持や、疲労回復・白髪予防などにも役立つ成分。

爪に対しては爪の細胞の成長を促して、丈夫な爪にしてくれます。


Itnail編集部