コラム コラム 2016年3月3日 更新 お気に入り追加 1

ささくれ撲滅でネイル美人に!指先のトラブルを予防するためにやっておきたい日々のケア3つ

1,344 view
ささくれ撲滅でネイル美人に!指先のトラブルを予防するためにやっておきたい日々のケア3つ Itnail編集部

どんなに凝ったネイルアートをしていても、指先がささくれだらけではせっかくのアートが台無しになってしまいますよね。ささくれなど指先のトラブルを撲滅するためには、日々のケアが大切です。今回は、指先のトラブルを予防するのに効果的なハンドケア法についてご紹介します。

指先を美しく保つには日々の保湿が必須!

 (403444)

【イットネイル】指先の皮が剥がれてきてしまうささくれ。そもそもささくれができるのは、お肌が乾燥しているためです。

「今は夏だからそんなに乾燥することはないんじゃないの!?」

と思われる方もいらっしゃるかと思います。
しかし夏こそ、乾燥対策には十分気をつけて頂きたいのです。

現在は屋内であればほとんどの場所で冷房がかかっており、空気が乾燥しています。また夏の紫外線を浴びたお肌は、大きなダメージを受けたことによって乾燥しやすい状態になっています。

そのためささくれを予防するためには、季節に関係なくしっかりと保湿ケアを行っていかなければならないのです。

マッサージをして指先の血行を促進!

 (403447)

ささくれを予防するためにはまた、指先の血行を促進することも大切です。
私たちの肌は細胞分裂を繰り返すことによって成長し生まれ変わっているのですが、そのために必要な栄養分は血液中から取り込まれています。そのため血行が悪くなるとそれだけ肌細胞を育てるための栄養分が送り届けられなくなり、肌荒れしやすくなってしまうのです。

そこでささくれを予防するには、マッサージをして指先の血行を促進してあげるようにしましょう。具体的なやり方ですが、親指と人差し指を使って指の根元部分を持ち、指先に向かってゆっくりと揉み上げていきます。

両手合わせて3分もすれば十分ですので、ぜひ試してみてくださいね。

ケアをした後はクリームで仕上げよう!

 (403450)

ここまでささくれ予防のための保湿ケアやマッサージについて解説してきましたが、一通りハンドケアをした後は、クリームを塗って仕上げることをおすすめします。人の肌細胞からは常に水分が蒸散しており、化粧水等によって水分補給をしても、そのままでは時間の経過とともにまた乾燥してきてしまいます。そのため補給した水分の蒸散を防ぐためには、肌表面に油膜を張って“フタ”をする必要があります。

そこで登場するのがクリームなのです。

クリームを塗ると肌に補給した水分をしっかりととじ込めることができますので、保湿ケアをした後は、しっかりとクリームを塗りこんでおきましょう。マッサージをする際にクリームを使う、なんていうのもいいですね! 


 
Itnail編集部