コラム コラム 2017年3月7日 更新 お気に入り追加 0

【ネイルアクセサリーパーツの使い方】セルフでも上手に見えちゃう方法とは?

1,001 view
【ネイルアクセサリーパーツの使い方】セルフでも上手に見えちゃう方法とは? Itnail編集部

ネイルパーツやネイル用のアクセサリーを使えば、セルフネイルがそれほど上手じゃなくても上手にごまかすことができるんです。今回はセルフジェル初心者でもアクセサリーやパーツをうまく使ってデザインを上手に作る方法をご紹介します。

ネイルアクセサリーパーツの種類

最新の人気ネイルデザイン情報ならItnail(イットネイル) (528037)

ネイルパーツにはたくさんの種類があります。セルフネイルの初心者さんでも比較的扱いやすいアイテムをいくつか見ていきましょう。

■ビジューとは、フランス語で宝飾品や宝石という意味です。ネイルにおいては「宝石」の意味合いが強く、ラインストーンなどをさします。ひとつ付けるのだけでもとてもゴージャスで目立つ指先にすることが可能です。ネイルのほかに、ケータイケースなどのデコレーションにも使われます。色や大きさが色々あるので好みのものを揃えましょう。

■スタッズとは、海外ブランドのバックや財布など皮製品についているような金属製の鋲のようなパーツで、丸い粒から星、四角、三角のほかにもたくさんの種類があります。ネイルカラーを塗った後に、トッピングします。

ネイルアクセサリーやパーツを付ける下準備

 (528038)

ネイルに飾りたいアクセサリーや、ネイルパーツを選んだら、早速、取り付けてみましょう。
用意する物はこちらになります。

■ベースジェル
■好みのカラージェル
■筆
■好みのネイルアクセサリーやネイルパーツ
■クリアジェル
■トップコート
■UVかLEDライト

このほかにも、タオルやキッチンペーパー、オレンジスティック、綿棒、アルミホイル、爪楊枝など、いつものあると便利なアイテムも用意しておくと安心です。

アクセサリーやパーツできれいに仕上げよう!

最新の人気ネイルデザイン情報ならItnail(イットネイル) (528039)

それでは早速ネイルパーツやアクセサリーを付けてみましょう。

▼手順
①: まずは通常のジェルネイルと同様に爪の表面を整え、油分を拭いてからベースジェルを塗ってライトで硬化します。
②: お好みのカラージェルを塗り硬化します。
③: 全体にクリアジェルを塗り、アクセサリーやパーツを付けたい場所にピンポイントで多めに置きます。
④: 硬化させずにパーツ類をピンセットなどでそっと配置します。場所が決まったらライトにあてて仮硬化します。
⑤: ネイルとアクセサリー全体にクリアジェルやトップコートを塗って、ライトで硬化させます。

このようにネイルにアクセサリーやパーツを取り付けるのはちょっとコツがいりますが、何度かやっていくうちにだんだん上手にできるようになります。100均などの安いパーツで練習してから、高級なパーツを揃えてもいいかもしれませんね。



Itnail編集部