コラム コラム 2017年2月6日 更新 お気に入り追加 0

身近な○○が大活躍?ドットネイルを簡単に作るコツ

1,024 view
身近な○○が大活躍?ドットネイルを簡単に作るコツ Itnail編集部

キュートでポップなデザインが人気のドットネイル。しかしセルフネイルでやるとなると、意外とドットをきれいに描くのが難しいと、悩んだ経験はありませんか?ネイルが上手い人や、ネイルサロンでのきれいに整ったドットアートは、やはりあこがれますよね。身近な道具を使ってぽんぽんと押すだけで、簡単に描けるのもドットネイルの人気の理由。セルフでもかわいくドットアートをするためのコツや、便利な道具についてご紹介します。

身近な道具を使ってドットアート!

ネイル専用のアイテムをわざわざ買わなくても、身近な道具を使ってドットが描けます。
普通に筆などを使って描くよりも、ずっとドットの形が安定しやすく、大きさも均一なドットを描きやすいです。
また今まで使ったことないような道具によって描くことで、さまざまな大きさのドットを描きやすくなり、デザインのバリエーションも増えます。
いずれの道具を使うときでも、いったんアルミホイルなどの上にマニキュアを適量出しておくと、ドットアートがやりやすくなります。
まずはベースカラーを塗っておいて、あとはドットを描いていくだけ!
以下のような道具を使うと、ドットを置きたい部分にぽんぽん押し付けていくだけなので、とても分かりやすく簡単です。
H&S

H&S

●つまようじ
どこの家庭にもあるつまようじは、ネイルアートのさまざまな場面で活躍します。
ドットネイルに使うときは、先端は小さなドットに、反対側(背の部分)はスタンダードなサイズのドットに役立ちます。
1本1本が使い捨てで、終わったらすぐに捨てられるのも便利なポイントです。

●綿棒
綿棒はネイルの修正などにも使う機会がありますが、ドットネイルにも役立ちます。
つまようじよりも大きめなドットを描きたいときに、おすすめです。
つまようじ同様使い捨てなので、衛生的で楽チンです。
LAURA POMPONNEE 表参道

LAURA POMPONNEE 表参道

●アメピン
先端が丸くなっているアメピンは、ドットペンの代わりに使いやすいです。
曲がったりして使えなくなったアメピンを使うと、無駄にならずにすみます。

100円ショップでも買えるドットペン

もともとドットネイルに使われているドットペンは、最近では100円ショップのネイルコーナーにも並んでいます。
ネイル用に作られているので、使いやすさの面でも安心です。
ドットの大きさのバリエーションを増やしたいときに揃えてみましょう。
LAURA POMPONNEE 表参道

LAURA POMPONNEE 表参道

パーツでドットアート風♪

ネイルパーツを使っても、ドットアート風が可能です。
パーツを好きな配置で置いていくだけでOKです。
大き目のドットはホログラムを、小さなドットにはブリオンを使うといいでしょう。
LAURA POMPONNEE 表参道

LAURA POMPONNEE 表参道

ネイルサロンtricia 表参道店

ネイルサロンtricia 表参道店

ネイリスト: 星野樹美
ネイルサロンtricia 銀座店

ネイルサロンtricia 銀座店

ネイリスト: 片桐麻衣
●アクリル絵の具も活躍
ベースは普通にマニキュアやジェルを使って、ドット部分のみは、アクリル絵の具を使う方法もあります。
特にマニキュアやジェルに好きなカラーがなかったときにはおすすめで、カラーバリエーションが豊富なのもうれしいポイント。
安く手に入りやすいので、ドットアート以外のアートをするときにも役立ちますよ。

さまざまな道具を使って、バリエーションを出せるドットネイル。
大きさを変えてみたいときなどに試してみてください。



Itnail編集部