コラム コラム 2017年4月25日 更新 お気に入り追加 0

トラブル発生!【 ネイルに亀裂が入った時 】はどうすればいい?

3,149 view
トラブル発生!【 ネイルに亀裂が入った時 】はどうすればいい? Itnail編集部

生活していると様々な場面でネイルへの亀裂トラブルが起こるものです。トラブルが起こってもあわてないでください!対処法を知っていれば、トラブルが起こった時にあわてず対処できますよね。そんな亀裂のトラブル対処法をご紹介します。

ネイルに亀裂が入ってしまう原因って?

 (534443)

ふとネイルを見ると亀裂が入っている!なんてトラブルを経験したことはありませんか?亀裂が入ってしまうには原因があります。対処法がわかれば、焦らずに対応できますよね。原因や対処法をご紹介しましょう。 まず、どういった時にネイルに亀裂が入りやすいのでしょうか。

◆ネイルが薄い
◆ネイルの長さが長い
◆ぶつけてしまう
◆乾燥している このようなことに身に覚えはありませんか?

ここに当てはまる場合はネイルに亀裂が入りやすいので気をつけましょう。

ネイルに亀裂が入るのを防ぐ方法とは?

 (534445)

ネイルに亀裂が入ってしまうのは予防できます。ではどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。原因も踏まえて見ていきましょう。

◆ジェルネイルやスカルプなどを繰り返し行ったり、ネイルケアのしすぎによりネイルが薄くなってしまうので、爪が薄くなってしまったと感じた時は少しお休みしましょう。
◆ネイルの長さはネイルベッド(ネイルが皮膚にくっついているピンクの部分)の2倍以上に伸ばすのはやめましょう。
◆乾燥を防ぐために日々オイルやクリームで保湿してあげましょう。

以上のことなどに気をつけると、ネイルの亀裂は未然に防ぐことができますよ。

ネイルに亀裂が入ってしまった時の対処法とは?

 (534444)

ネイルに亀裂が入ってしまうトラブルが起きた時に自分でできる対処法をご紹介します。

◆亀裂部分からカットしておきましょう。(ただし、亀裂の入っている部分によります)
◆亀裂部分によってはすぐに対処できない場合に限り、絆創膏で一時的に固定しておきましょう。
◆ネイル用グルーを使い亀裂部分を接着し、上からトップコートでカバーしましょう。
◆ジェルコートでカバーしましょう。

亀裂は放っておくと悪化してしまいます。早めの対処法でこれ以上悪くならないようにしっかりと対処することをお勧めします。

ふとした時に起こるネイルのトラブルですが、いざという時に頼れるネイルサロンを見つけておくことも重要ですよ。



Itnail編集部