コラム コラム 2016年7月17日 更新 お気に入り追加 1

オリジナルチップも作れる!ネイルチップのメリットと固定のコツ

2,221 view
オリジナルチップも作れる!ネイルチップのメリットと固定のコツ Itnail編集部

ネイルチップとは人口爪を自爪に貼り付けて、1日〜数日間という短い間だけ楽しめるネイルアートのことです。マニキュアやジェルネイルよりも簡単で、不要になったらすぐに外せるなどさまざまなメリットを持ちます。市販のチップだけでなく、オリジナルのチップを作れるのも魅力です。今回はそんなネイルチップのメリットと、自作チップや固定のコツなどについて紹介します。ネイルチップが気になったら、一度挑戦して見てください。

ネイルチップのメリット

【イットネイル】ネイルの楽しみ方はいろいろありますが、そのなかでも少し特殊で、たくさんのメリットもあるのがネイルチップ。
このネイルチップには、他のタイプのネイルにはないメリットもたくさんあります。

・細かいアートの手間がない
マニキュアなどを直接爪には塗らず、あらかじめ絵柄のついたネイルチップを装着するだけ。
絵や柄を描いたり、マニキュアなどを丁寧にはみ出さずに塗ったりする手間はありません。
不器用でアートができない!という初心者の方でも、気軽に指先のおしゃれを楽しめます。

・外すのが簡単
不要になったら爪からチップを外すだけでOK。
除光液などがなくてもオフができるのでとっても簡単。
ネイルは楽しいけどオフは面倒くさい、と感じている人でも気軽に挑戦できます。
たとえば職場がネイル禁止で、休日しかネイルを楽しめないという人でも、すぐに付け外しができるのはとても便利です。
 (447123)

ネイルチップは自作できる!

市販のネイルチップにはすでに柄やアートが施されており、付けるだけですぐに指先のおしゃれを楽しめます。
しかし何も描かれていないクリアなチップも売られているため、それらにあらかじめアートを描いておいてオリジナルのネイルチップを作ることが可能です。
またこのようなネイルチップを作る作業は、ネイルアートのちょっとした練習にもなります。

ちなみに自作ネイルチップに必要な道具は、100円ショップでも安く手に入れることができます。
クリアチップを買うときは、自分の爪に合わせたサイズを用意して、実際に自分の爪にあててサイズあわせをしましょう。
必要があれば、爪やすりでチップを削ってサイズや形を調整しましょう。
サイズ(爪の幅)が合っていないとポロリと取れやすいので、この工程は適当に済ませないようにしましょう。

ネイルチップを固定する

ネイルチップには、自爪への固定方法が二種類あります。

・両面テープで止める
大半のネイルチップは、両面テープがいっしょについています。
また、ネイルチップ専用の両面テープ単体でも売られています。
貼り付ける前に、自爪表面はコットンにしみこませたエタノールなどで、油分やほこりなどを落としておきましょう。
特に根元はしっかり固定しておかないと、外れやすくなってしまいます。

・ネイルグルー
ネイル専用の強力な接着剤です。
上記の両面テープよりも強く固定することができます。
ただし強力な分、オフのあとのチップはもう使えなくなります。

さまざまなメリットを持つネイルチップ。
気軽に使える分、ネイル初心者の方にもおすすめですよ。



Itnail編集部