コラム コラム 2017年2月27日 更新 お気に入り追加 0

ルブタンネイルのやり方▷高級感のある指先にうっとり♡

3,844 view
ルブタンネイルのやり方▷高級感のある指先にうっとり♡ Itnail編集部

人気女優がドラマで履いたことでも話題になった、靴の老舗ブランド「ルブタン」。オシャレ女子の間では、ルブタンのデザインをネイルに取り入れるのが流行っているようです。ここでは、ルブタンネイルの魅力ややり方、おすすめのアレンジ法などについてチェックしてみましょう。

ルブタンネイルってどんなネイル?

 (527604)

「ルブタンネイル」についてご存知ですか?

ルブタンといえば、大人女子の間で人気がある靴のブランドですよね。ただ、1足10万円以上するものも多く欲しくてもなかなか手が出ないのが現実です。

そこでおすすめしたいのが、ルブタンネイル。
ルブタンのパンプスは靴底が鮮やかなレッドにカラーリングされていますが、これをネイルアートに取り入れ、爪の裏側を赤くカラーリングしたのがルブタンネイルなのです。
これまでのネイルアートというと爪の表面だけをカラーリングするのがセオリーでしたが、ルブタンネイルでは爪の裏側までしっかりアートするわけですね!
 (527601)

意外と簡単!ルブタンネイルのやり方をチェック!

 (527602)

それでは早速、ルブタンネイルのやり方を見ていきましょう。

①: 爪の表面と裏側(白い部分)の両方にベースコートを塗る。
②: 爪の表面に、いつもと同じ要領で好きなデザインのアートをする。
③: 爪の裏を、赤でカラーリングする。
④: 爪の表と裏にトップコートを塗って仕上げる。

ネイルアートに薄い色を使う場合、そのまま爪の裏を赤で塗ると表に透けてしまうことがあります。そういった場合は表側のアートをする前に一度ベージュやホワイトでカラーリングしておくと、色透けを防ぐことができます。

ジェルでアートする場合、裏側を硬化させるときに指の腹を反対側の指で押し下げて爪の生え際までしっかりライトを当てると、綺麗に仕上がります。

ルブタンネイルはアレンジしても楽しめる!

 (527603)

ルブタンネイルの基本は「爪裏を赤くカラーリングする」ことですが、グレーやホワイト、ブラック、ラメカラーなど赤以外の色を使ってみるのもおすすめです。

表側にシックな色を使った場合は裏側に鮮やかな色を、表側に鮮やかな色を使った場合は裏側にシックな色を、というように色の対比を楽しむのもいいですね。

またある程度爪の長さがある方は、爪の裏に小さなストーンやスタッズをあしらってみるのもおすすめです。指を動かすたびにストーンがさりげなく輝いて、手元に華を添えてくれることでしょう。



Itnail編集部