コラム コラム 2016年8月12日 更新 お気に入り追加 2

剥がれた・変色したを予防!ジェルネイルを長持ちさせるコツ

3,653 view
剥がれた・変色したを予防!ジェルネイルを長持ちさせるコツ Itnail編集部

丁寧に扱い、上手くいけば3週間は持たせることができるジェルネイル。セルフでもネイルサロンのネイルでも、お気に入りのネイルデザインほど、少しでも長く長持ちさせたいですよね。しかし現実では、セルフジェルネイルを長持ちさせるのは、通常は難しいこと。それでもこまめなネイルケアはもちろん、普段のちょっとしたことに注意することで、少しでも長持ちさせることが可能です。一度試してみれば、その「持ちの長さ」の違いが分かるかも?

ジェルネイルを長持ちさせたい!

【イットネイル】本来なら2〜3週間は持つと言われているジェルネイル。
しかしネイルのプロであるネイリストにしてもらったときと違って、セルフジェルネイルを長持ちさせるのはかなり難しいです。
早いときは、1週間とたたずに剥がれてしまうことも・・・
今回は、セルフジェルネイルでもサロンジェルネイルでも、お気に入りのネイルを長持ちさせるためのさまざまなコツを紹介します。
 (456979)

ネイルケア・リペアのコツ

・トップコートを塗る

マニキュアを使わなくなったら不要と思われがちなトップコートですが、実はジェルネイルにおいても活躍します。
1週間ごとを目安に、薄めに塗っておきましょう。
ツヤが長持ちしますし、黄ばみや変色なども防ぐことができます。
ジェル用のトップジェルを使ってもいいし、マニキュア用でもOKです。
また1週間以上たったジェルネイルは浮きやすくなるので、それもトップコートが防いでくれます。
夏場は強い日差しに含まれる紫外線の影響で、ジェルネイルが変色しやすくなります。
このため、UVカット効果のあるトップコートを使うのも有効的です。

・ネイルオイルを塗る

ジェルネイルの大敵である乾燥。
普段の素爪のケアはもちろん、ジェルネイルをしている間でも使えるネイルオイル。
忙しい人は寝る前だけでも大丈夫。
3日に1回くらいを目安に、ネイルオイルで爪をしっかり保湿しましょう。
ネイルオイルだけでなく、ハンドクリームを使って手・指全体を保護するのもいいですね。

普段の生活の注意点

・爪の使い方に注意

ダンボールに貼られたガムテープやシールなどを、爪で無理にはがしていませんか?
爪にダメージになるだけでなく、ネイルもあっという間に傷ついてしまいます。
カッターやはさみなどを使いましょう。

・爪を立ててシャンプーしない

シャンプーをするとき爪を立ててがりがり洗っていませんか?
頭皮も激しく傷つくので、たとえ何も塗っていないときでも、爪を立てるのはやめましょう。
シャンプーブラシなどを使うのもおすすめ。

水や温度に注意

・水仕事に注意

一見水に強いジェルも、長い間水やお湯に使っていると弱くなります。
できればゴム手袋を。

・温度、湿度に注意

ジェルネイルやサウナなど高温になりやすい場所や、湿気の多い場所がとっても苦手です。
普段のお風呂はもちろん、サウナやエステサロンなどには注意しましょう。

いかがでしたか?
いくつかの点はジェルネイルに限らず、マニキュアなどのときも共通する注意ポイントです。
できそうなことからチャレンジして、お気に入りのネイルを少しでも長く楽しめるようにしましょう。



Itnail編集部