コラム コラム 2016年6月11日 更新 お気に入り追加 0

【セルフネイル】はがせるベースコートとリムーバー、どっちがダメージレス?

3,421 view
【セルフネイル】はがせるベースコートとリムーバー、どっちがダメージレス? Itnail編集部

セルフポリッシュ派の人が気になる爪の乾燥。ポリッシュの場合、爪のダメージはほぼリムーバーが原因です。リムーバーは爪や爪周りの油分を奪ってしまい乾燥させてしまうのです。そんな人たちのためにリムーバーなしで落とせる、はがせるベースコートが誕生。でもこれって爪にいいの?そんな疑問にお答えします。

ノンアセトンでも傷む?ラメポリッシュのオフ

 (437530)

【イットネイル】ポリッシュリムーバーが爪によくない理由はアセトンという成分。じゃあ、このアセトンをなくせばいいじゃない、ということで現在幅広く使われているのがアセトンが含まれていない、ノンアセトンリムーバー。アセトンフリーとも表記されています。
休みの日だけネイルを楽しみたい、そんな人たちは週に1回だけラメ入りやホログラムなどが入ったグリッター系ポリッシュを使う人も多いはず。これ、なかなか落ちないのが難点ですよね。アセトン入りのリムーバーでも落ちにくいのだからノンアセトンならなおさら。
ゴシゴシこすって落としていませんか?でもせっかくのノンアセトンでもゴシゴシこすってしまったら爪にダメージを与えてしまいます。事実、ノンアセトンでも爪が黄ばむ人も多いんです。

はがせるベースコートもそれなりに傷む?

 (437534)

ノンアセトンリムーバーでもゴシゴシこすったら傷む、だったらリムーバーを使うのをやめましょうという発想で誕生した、はがせるベースコート。現在数社のメーカーから発売されており、お値段も比較的リーズナブル。
使い方は簡単。はがせるベースコートを塗っていつもどおりにカラーリングするだけ。はがせるベースコートは1度より2度塗ったほうがキレイにはがせるのだそうです。
しかし、はがせるベースコートゆえに簡単にはげてしまい、望んでいないところではがれるのも事実。先端などは1日で確実にはげてしまいます。またはがすと爪の表面が白くなっているのが分かるはず。これ、爪の表面がベースコートと一緒にはがれている証拠です。
爪の表面がはがれれば当然爪は傷みます。リムーバーいらずで傷まない、というわけではなさそうです。

はがせるベース、ノンアセトン除光液どっちがいい?

 (437536)

ラメやホログラムなどの入っていない、普通のネイルカラーの場合、あきらかにノンアセトンリムーバーのほうがオススメです。その程度のポリッシュならこすらず落とせてダメージも少ないからです。ノンアセトンリムーバーはこすらなければかなりダメージレスなアイテム。
しかし、ラメなどのグリッター系ポリッシュの場合、はがせるベースコートのほうがいいかもしれません。ですがやはり乾燥は避けたいところ。
そのためはがすのならお風呂や、洗面台でお湯に指先をつけてはがしやすい状態にしてからがいいでしょう。水分につけるとふやけてはがしやすくなります。もしはがれなかったら諦めてリムーバーを使いましょう。

グリッター入りのポリッシュを落とすときは、リムーバーでもはがせるベースコートでも少々のダメージは覚悟したほうがよさそう。オフした後はきちんとオイルやクリームなどで保湿をお忘れなく。極力爪を傷めない努力はいつもするようにしましょうね。



Itnail編集部