コラム コラム 2016年9月7日 更新 お気に入り追加 1

ジェルネイルをあと1週間長持ちさせる毎日の習慣&ネイルケア

2,791 view
ジェルネイルをあと1週間長持ちさせる毎日の習慣&ネイルケア Itnail編集部

ジェルネイルは、爪が伸びてくるにつれて徐々に浮きやすくなってきます。もちろんジェルネイルもいつかはオフやリペアをしなければいけなくなるわけですが、サロン代もかかることですし、少しでも長く持たせたいですよね。そこで今回は、ジェルネイルを長持ちさせるのに効果的な習慣やネイルケアのやり方についてご紹介します。

ジェルネイルの寿命ってどのくらい!?

 (502255)

【イットネイル】マニキュアに比べてかなり持ちがいいジェルネイル。
ネイルサロンで施術してもらった場合、3週間~1か月程度は持つのが一般的です。もちろん定期的に施術し直したりリペアをしたりしなければならないことはわかっていても、サロンに通うペースは1か月間隔くらいにしたいところですよね!

実はジェルネイルの寿命は、日頃のネイルケアや生活習慣によって大きく変わってきます。では、ジェルネイルを長持ちさせるには具体的にどうすればいいのでしょうか。

日頃のケアでジェルネイルを長持ちさせる!

 (502258)

ジェルネイルがリフトしてくる最大の原因は、爪の乾燥にあります。
指先が乾燥してくることによって爪とジェルとの密着力が弱くなり、根元部分や両サイド、爪先からジェルが浮いてきてしまうのですね。

ちなみに爪の乾燥は、
・ドライヤーの使用
・紫外線
・熱いお湯を使った炊事
などによって引き起こされますので、ハンドクリームやキューティクルオイルをこまめに塗って、日頃から指先の保湿ケアをするようにしましょう。

またジェルネイルは、過剰な湿気によっても引き起こされます。
そのため洗い物をしたりお風呂に入ったりした後は、タオル等で指先の水分を除去しておくことも大切です。

トップコートを塗ってジェルネイルを長持ちさせる!

 (502261)

ジェルネイルを長持ちさせるには、2~3日に1回トップコートを塗るのもおすすめです。

爪が伸びてくると、ジェルネイルの土台となっている自爪のカーブが変わってくることもあり、どうしてもリフトしやすくなってきます。そして伸びた爪とジェルの隙間から水分が入ると、その寿命はどんどん短くなってしまいます。

この点、こまめにトップコートを塗ってジェルと自爪の隙間を埋めておけば、リフトや水分の侵入を防ぐことができます。
ジェルネイルを長持ちさせて頻繁な施術を避けることは自爪を守ることにもつながりますので、現在ジェルネイルをしているという方は、ここでご紹介したケア方法等に取り組んでみてはいかがでしょうか。



Itnail編集部