コラム コラム 2016年12月24日 更新 お気に入り追加 1

【ネイルケア】ウォーターケアとドライケアの違い

5,099 view
【ネイルケア】ウォーターケアとドライケアの違い Itnail編集部

最近、ネイルケアが注目を集めています。ネイルケアをすることで、爪の健康を保ち、丈夫な爪を育てるからです。そして健康な爪は、ネイルをすることの絶対条件です。ではネイルケアには2種類あることをご存知でしたか?今更聞けないケアのこと、お教えします。

ウォーターケアとドライケアの違い

 (523011)

ネイルケアをすることは、爪の不要な角質を取り除き、爪の生まれ変わりをスムーズにすることです。

では、ウォーターケアとドライケアは何が違うのでしょうか?

ウォーターケアは、お湯にしっかりと指先をつけ、甘皮周りを柔らかくし、ケアする方法のことです。
ドライケアは、乾燥した状態で甘皮を押し上げ、ケアする方法のことです。

ウォーターケアは、甘皮周りのささくれを取り、爪の周りの皮膚コンディションを整えるのが目的です。角質を柔らかくして処理することで、より綺麗にケアすることができ、長持ちし、見た目も綺麗に仕上がります。
ドライケアは、必要最低限、爪の表面から角質を取り除くことが目的です。なので、ジェルやスカルプの下準備として行われています。

爪を綺麗に育てる、ウォーターケアのやり方

 (523012)

①: 爪の長さや、形を整えます。
②: キューティクルリムーバーを甘皮周りにくるくると馴染ませながら塗布します。
③: 少し液体石鹸を入れたお湯に指先を浸し、ふやかします。
④: お湯から出したらタオルで水気を拭き、プッシャーで甘皮を押し上げます。
⑤: 水で湿らせたガーゼを使いながら、余分な甘皮をニッパーで処理します。
⑥: キューティクルオイルを根元に付け、マッサージをしながらオイルを伸ばしたら終わりです。

※ジェルやスカルプの下準備として行う場合は、最後のオイルは塗らないでください。また、しっかり水気がなくなったのを確認してから、ジェルやスカルプを付けてください。

ジェルの下準備としても、ドライケアのやり方

 (523013)

①: 爪の長さや、形を整えます。
②: キューティクルリムーバーを甘皮周りにくるくると馴染ませながら塗布します。
③: プッシャーで甘皮を押し上げます。
④: 余分な甘皮をニッパーで処理します。
⑤: キューティクルオイルを根元に付け、マッサージをしながらオイルを伸ばしたら終わりです。

※ジェルやスカルプの下準備として行う場合は、②は省略しても構いません。また、最後のオイルは塗らないでください。
※爪の表面を整えないと、ジェルやスカルプをつけた後、端から浮いてきてしまいます。ケアを行うことで、しない時に比べて、長く楽しむことができます。



Itnail編集部
キーワード: コラム (7,401) ケア (39)