コラム コラム 2016年5月21日 更新 お気に入り追加 1

ジェルネイルを長持ちさせるのに効果的な3つの方法

1,504 view
ジェルネイルを長持ちさせるのに効果的な3つの方法 Itnail編集部

時間をかけて完成させたジェルネイル。本来であれば3~4週間程度は楽しめるのですが、日頃のケアによってはその寿命が短くなってしまうことがあります。では、ジェルネイルを長持ちさせるにはどうすればいいのでしょうか。今回は、ジェルネイルを長持ちさせるのに効果的な方法について、詳しくご紹介します。

ジェルネイルの大敵!「水」をとことん避ける!

 (422083)

【イットネイル】ジェルネイルにとって一番の敵であるといっても過言ではないのが「水」です。
ジェルは水に弱いため、ジェルと爪との隙間から水が入ると、あっという間にリフトしてきてしまいます。

そこでジェルネイルを長持ちさせるためにはまず、水分を徹底的に避けましょう。具体的には、以下のような対策が効果的です。

・洗い物をする際は手袋をつける
・手を洗った後はしっかり水分を拭き取る
・シャンプーをする時はブラシを使う

日頃からこういったことに気をつけることで、ジェルのリフトを防ぎ長持ちさせることができるようになります。

キューティクルオイルでこまめに保湿をする

 (422086)

ジェルネイルを長持ちさせるには、キューティクルオイルを使ってこまめに保湿ケアをする、という方法もおすすめです。
甘皮が乾燥していると、健康な爪が育たなくなることがあります。またネイルベッド(爪のピンク色の部分)から離れた爪は自力で水分を補給できないため乾燥しやすく、この部分が乾燥すると爪が割れてジェルネイルごと剥がれてしまうこともあります。

そこでジェルネイルを長持ちさせるには、

・甘皮
・爪の両側
・爪の先

の3か所に、キューティクルオイルを塗っておくようにしましょう。

1日3回くらいオイルを塗るとジェルネイルのもちがかなり良くなりますので、ぜひ試してみてくださいね!

こまめにトップコートを塗るのも効果的

 (422089)

ジェルネイルを長持ちさせるには、こまめにトップコートを塗るという方法もおすすめです。
ジェルは、爪の根元や両側から少しずつ浮いてきます。そして浮いてきたジェルをそのまま放置していると、そこからどんどんリフトが進んで最終的にベリッと剥がれてしまうことがあるのです。この点、定期的にトップコートを塗っておけば、例えジェルがリフトしてきたとしてもその隙間を埋めることができ、リフトの進行を阻止することができます。トップコートであれば特別な技術がなくても簡単に塗ることができますので、5~7日に1回程度を目安に、ジェルネイルの上からトップコートを塗ってみてください。

 

Itnail編集部