コラム コラム 2016年2月17日 更新 お気に入り追加 0

ネイルが短いのがお悩み、そんなあなたには長さ出しという選択、お悩み解決します。

3,345 view
ネイルが短いのがお悩み、そんなあなたには長さ出しという選択、お悩み解決します。 Itnail編集部

自爪が短くてネイルデザインを楽しめないと悩んでる方も多くいます。しかし、自爪が短くともネイルの技術で そのお悩みは解決できるんです。長さ出しという技術で 短いあなたのお爪も長さのあるすらっとした素敵なネイルに変身させましょう。長さ出しにも種類があります。長さ出し方の徹底調査してみましょう。

ジェルネイルで作るお爪の長さだし

 (363006)

【イットネイル】ジェルの流行とともに、ネイルの長さにも変化が出てきました。短いネイルでも可愛く仕上がるネイルデザインが主流になってきました。ただ、生活上で、一本だけネイルの長さが短くなってしまったり、折れてしまうなどのトラブルも時にはありますね。折れてしまったネイルを他のお爪に合わせてちょっとだけ長さ出しをするという方も増えました。その場合は少し硬めのジェルや長さ出し専用のジェルで人工の爪を作る技術があります。ジェルなので、オフもアセトンでできるため、自爪にも負担をかけにくい長さ出しの方法です。ただ、柔らかい性質がありますので1cm以上の長さ出しには不向きです。

アクリルパウダーで作るお爪の長さだし

 (363009)

10年以上前に主流だったスカルプチュア。専用のアクリルパウダーとリキッドで、人工爪を作るという技術です。理想の長さまで長さ出しができることや、素材が固めなので、強度としては一番期待できます。10本の長さを綺麗に揃えて長さ出しをしたい時にはオススメですね。強度は強いのですが、オフに多少時間がかかることや、自爪には少々負担がかかってしまうので、取り扱いには注意が必要になってきます。アクリルリキッドは匂いもありますので、施術の際はマスクが必須ですね。

ネイルチップで作るお爪の長さだし

 (363012)

ネイルチップはどんな深爪の方でも長さだしができる技術の一つです。ネイルチップを自爪に接着剤で装着します。ネイルチップはもとから形も決まっているため、お爪のカーブに合うネイルチップを選んで長さ出しをしましょう。接着剤でつけているだけですので、大きな衝撃にはとても弱い長さ出し方法ではあります。                  

自爪が短いからと諦めずに、人工爪を作って長さを出すという技術はありますので、ぜひネイリストさんに相談して、自分に適した技術をしてもらうことをお勧めします。                


Itnail編集部