ベース ベース 2018年6月29日 更新 お気に入り追加 0

初めてでも失敗しない!セルフネイルの基本とコツ、教えます♡

787 view
初めてでも失敗しない!セルフネイルの基本とコツ、教えます♡ myreco

セルフネイルにチャレンジしてみたいけど、なかなか手が出せない… ジェルネイルに興味があるけど、必要なものは? セルフネイルを始めるにあたって、ネイルの種類と準備しておくもの、セルフネイルの方法をご紹介。 慣れてきたら挑戦して欲しいおすすめのネイルアートにも、ちょっぴり触れています♪

セルフネイルにチャレンジしてみたいけど、なかなか手が出せない… ジェルネイルに興味があるけど、必要なものは? セルフネイルを始めるにあたって、ネイルの種類と準備しておくもの、セルフネイルの方法をご紹介。 慣れてきたら挑戦して欲しいおすすめのネイルアートにも、ちょっぴり触れています♪

自宅でできる「セルフネイル」の種類



自宅でできるセルフネイルには主に「ポリッシュ」と「ジェルネイル」の2種類ありますが、どのように違うのでしょうか。

まずは、「ポリッシュ」と「ジェルネイル」の違いに簡単に触れてみましょう。


○いつでも手軽にチャレンジ♪ネイルポリッシュ

爪の塗料をさして「マニキュア」とも呼ばれますが、本来はハンドケアを含めたお手入れの総称が「マニキュア」の言葉の意味です。

ネイルサロンが一般的になってからは、「ジェルネイル」と区別して、単に「ポリッシュ」と呼ばれることも多くなりました。


○キレイな色が長持ち♪ジェルネイル

「ジェルネイル」は、光に反応して固まる樹脂を使った爪を着色する素材です。

特別なライトが必要なため、ネイルサロンで多く採用されていましたが、最近はジュエルネイルキットなどが販売されるようになり、自宅で楽しめるようになりました。

乾燥にかかる時間が短く長持ちするため、愛用する人が増えています。



初めてのセルフネイル 手順とコツ



「ネイルポリッシュ」と「ジェルネイル」それぞれに必要なものと手順をご紹介します。

ネイルをする前に爪を整えたり甘皮の手入れを行うなど、ハンドケアを済ませておくとネイルの仕上がりも良く、持ちも違ってきます。


○ネイルポリッシュ

準備は簡単ですが、乾かす手間がかかるのが「ネイルポリッシュ」の面倒なところ…。

ですが、ゆっくり時間を使って楽しめると考えると、リラックスタイムとしては有効なのではないでしょうか。


●用意するもの

・好きな色のポリッシュ

・ベースコート

・トップコート

・綿棒

・リムーバー(除光液)

・アートシールや素材があれば、ネイルアートも楽しめます。


●セルフネイルの手順

まずは、「ベースコート」で爪の表面を保護しておきます。

塗り方は、センター、両サイドの順に。

乾いたら「ネイルポリッシュ」を同じ順番で塗っていきます。

見たままの発色を出したいなら2度塗りが基本。

最後に爪の先(爪の厚みの部分)にも薄く塗っておくとはがれにくくなります。

はみ出たところが気になるようなら、綿棒にリムーバーをつけてふきとります。

完全に乾いたら、最後に「トップコート」を塗って乾かせば完成。


※アートシールなどは、トップコートの前に使いましょう。


○ジェルネイル

手間がかかりそうで意外と簡単な「ジェルネイル」。

最初は一度に全ての指に塗ってしまおうとせず、1本ずつ仕上げていくようにしましょう。

しっかりとジェルを定着させるために、ベース作りは丁寧に行ってください。


●用意するもの

・LEDライト
・エタノール
・コットン
・トップジェル
・ベースジェル
・カラージェル
・ウッドスティック
・筆


●セルフネイルの手順

ジェルネイルは、下準備が肝心。

甘皮の処理や爪の形を整えておきましょう。

爪の表面はスポンジバッファーを使って、ざらざらにしておきます。

これはジェルを定着しやすくするためです。

カラージェルを塗る前に、筆を使って「ベースジェル」を塗っていきます。

センター、両サイド、爪の先の順番で塗りましょう。

塗り終わったら、「LEDライト」で仮硬化(10秒)させます。

次に「カラージェル」を塗ります。

ベースと同じ順で塗っていきます。再び仮硬化(10秒)させてから2度塗りを行います。

同じ順番で塗り終えたら同様に仮硬化させます。

カラージェルがはみ出た場合は、「ウッドスティック」を使ってこすり取っておきましょう。

ジェル浮きの原因になるので必ず取り除くようにします。

最後に「トップジェル」を同じ順番に塗って、完全硬化(20秒)させます。

仕上げに未硬化の残ったジェルを取り除いておきましょう。

エタノールをコットンに含ませて表面をふき取ります。

このとき、コットンの同じ面を何度も使わないようにしてください。

あとは、エメリーボードで少し形を整えて完成。


ちょっとひと手間・・・セルフネイルを楽しむコツ



少し手間をかけることで、仕上がりが違ったり長持ちしたりします。

丁寧なネイルケアと簡単ネイルアートで、もっとセルフネイルを楽しみましょう♪


○手間を惜しまず丁寧に…ネイルケアでセルフネイルが長持ち

「ポリッシュ」も「ジェルネイル」も爪のお手入れを丁寧に行っておくことが大切。

エメリーボードで爪表面を整え、甘皮はキューティクルリムーバーなどでやわらかくしておいてから、メタルプレッシャーで押します。

あとは、ウエットティッシュなどを使って甘皮を取り除いて終了。

しっかりと爪が手入れされているとネイルが長持ちします。


○初心者さんにおすすめのネイルアート



「ネイルポリッシュ」の簡単おすすめアートは「シロップネイル」。

クリアカラーのポリッシュを使って、わざと色むらを作って楽しむネイルアートです。

かき氷シロップのような可愛らしさが人気。

慣れてきたらグラデーションをつくってもキレイです。



「ジェルネイル」のおすすめアートは「チークネイル」です。

アイシャドウチップでジェルをポンポンとのせて、ふんわりしたグラデーションをつくるだけ。

押し花やラメと組み合わせるだけで、本格的なネイルアートが完成しちゃいます!



すぐに始められる!意外と簡単なセルフネイル

セルフネイルは一見難しそうですが、始めてみると意外と簡単です。

「ポリッシュ」は100円ショップでの取り扱いも豊富で、何色も色をそろえて手軽に楽しめるネイル。

「ジェルネイル」は色持ちが良く、慣れると短時間でネイルが完成するので、いつでも指先のおしゃれが楽しめます。

ネイルアートにも、ぜひ挑戦してみてください!



関連記事

・ミラーネイルが進化した!人気沸騰中の「ユニコーンネイル」ってなに?

・どのタイプがお好み?爪の形別ネイルデザイン集♡

・初心者さん向け♡2018春夏トレンドカラーでセルフネイル!

・あなたはどのプリンセス?みんな大好き♡ディズニープリンセスのモチーフネイル12選

・ちゅるんとした透け感が気分♡セルフでもできるシロップネイル