コラム コラム 2017年1月1日 更新 お気に入り追加 0

お家でOK♪簡単なセルフネイルケア

1,859 view
お家でOK♪簡単なセルフネイルケア Itnail編集部

ネイルサロンに通うのはちょっと難しい。だけど指先の綺麗は保ちたい。そんなあなたにお家でできる簡単セルフネイルケアの手順をお教えします。日々のケアで変わる指先の綺麗をあなたも手にしませんか?!セルフケアならお財布にも優しいですよ!

お爪の長さをカットして整えましょう

 (522826)

ネイルサロンへ行かなくともお家でできるセルフネイルケアの手順を学びましょう。ただお爪を切るだけじゃ女子力はアップしませんよ。自分でできるセルフネイルケアを始めましょう。
まずはお爪のカットの仕方です。5mm以上カットする場合はあらかじめ爪切りもしくはネイルニッパーを使って、イメージしている長さより1~2mm長めにカットします。その後はネイルファイルを使いカットラインを整えていきましょう。ファイルはお爪に対して45度に当て一方向にのみ動かします。最後に手のひらを返し、バリ(爪の薄い膜のようなもの)をスポンジタイプのファイルでとってあげましょう。

爪の根元の甘皮処理をしましょう

 (522827)

お爪の根元にはばい菌が入らないようにするための保護膜の甘皮があります。ここを処理してあげることでお爪の表面積が広がり、お爪が綺麗に見えます。まず爪先をお湯に10分ほど浸け、皮膚を柔らかくします。次にウッドスティックを使い、甘皮を押し上げるようにします(無理に押し上げてしまうと炎症を起こしてしまうので注意が必要です)。ガーゼを巻き付けた親指を爪に押し当て、円を描くようにくるくるすれば甘皮下に出てきたルースキューティクル(甘皮の下の薄い皮)が綺麗にとれてきますよ。

仕上げはお爪表面を磨きましょう

 (522828)

最後にお爪の表面を磨きましょう。お爪には線が入っていたり凸凹している場合もありますが、表面を磨いてあげることで改善します。少し粗めのバッファーを使って表面をなめらかにします。この際、削りすぎてしまうとお爪が薄くなり、最悪の場合痛みを伴うことになりかねません(あまりに凸凹が酷い場合は、ネイルサロンで相談してみましょう)。最後は細かめの磨き用ファイルを使って表面をやさしく磨きます。バッファーやファイルをかける際には、カットして整えた先端にも当ててあげると先端もなめらかになるのでオススメですよ。
ネイルケア用品は100円均一やドラックストアなどでも揃えられるので、セルフでケアすればお財布にも優しいですよね。簡単なので是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?!



Itnail編集部
キーワード: ケア (39) コラム (7,403)