コラム コラム 2015年7月28日 更新 お気に入り追加 0

今更聞けないジェルネイルに使うライトの種類と特徴

5,021 view
今更聞けないジェルネイルに使うライトの種類と特徴 Itnail編集部

最近は色々なライトが登場しており、どんなライトを選べばいいか分らない人も多いはず。そこで、ジェルネイル用のライトの種類をおおまかにまとめてみました。

ジェルネイルとUVライト

【イットネイル】ジェルネイルでは、爪に塗ったジェルを硬化させるために、特殊なライトを使用します。

セルフジェルネイルには欠かせないアイテムですので、ぜひ揃えておきたいものです。

といっても最近は色々なライトが登場しており、どんなライトを選べばいいか分らない人も多いはず。

そこで、ジェルネイル用のライトの種類をおおまかにまとめてみました。
 (92888)

現在もっともメジャーなライトは「UVライト」で、その名のとおり紫外線を利用しています。

ジェルネイル登場時からあったスタンダードなライトで、UVライトのみで硬化できるジェルも多数存在します。

指4本分を塗ってからいっぺんに照射するのが一般的な方法で、肌への照射範囲は広めになっています。

ジェルネイルとLEDライト

UVライトに代わる存在として登場したのが、LEDを利用したLEDライトです。

UVライトよりも硬化が早いなどとメリットがあり、現在ではジェルネイル用ライトの主流となっています。

また軽量で持ちもよく、電力をほとんど使わないので省エネにもなります。


更なる魅力としては、UVライトほど肌への刺激がないということです。

敏感肌でUVライトを使えない、という人には特におすすめです。


また4本をまとめて照射するUVライトに対して、こちらは指1本ずつを集中的に照射できます。

UVライトの方では、まとめて硬化する途中にジェルが垂れたりなどトラブルがあった、という人にもおすすめです。

照射時間が短いという点も大きいですが、LEDの光自体、紫外線や赤外線をほとんど持たないので、肌への悪影響も少なく済むというわけです。

対応しているジェルを選ぼう

LEDライトはUVライトと比べてメリットが多いタイプです。

欠点を挙げるとすれば、肝心のジェルの方がLEDで乾かせないことがある、という点です。

このため、ジェルの方もLEDで硬化できるジェルを選ぶ必要があります。

最近はUVとLEDの両方に対応していることもあります。


Itnail編集部