コラム コラム 2017年2月18日 更新 お気に入り追加 0

大好きフレンチネイル♡ベーシックから進化系アレンジまで

3,743 view
大好きフレンチネイル♡ベーシックから進化系アレンジまで Itnail編集部

フレンチネイルとは透明なベースカラーの上に白色で爪先にのみカラーを施すデザインのこと。ずっとあるデザインの一つで、シンプルに仕上げることはもちろん、カラーリングや形を工夫することでアレンジがきくことから幅広い年代層に愛され続けています。そんなフレンチネイルの魅力に迫ります。

バリエーションの数はネイル界随一のフレンチネイル

 (527450)

フレンチネイルは、ネイルといえば思い浮かべる人も多いデザインの一つではないでしょうか。流行に左右されない不動のネイルデザインの一つであることから、ネイルをするといえば必ずデザインはフレンチにしている!という人もいます。

そんなフレンチネイルは王道の爪先のフリーエッジを思わせるような弧を描く形で、白色をのせたものはもちろん、白色以外にも様々なカラーのフレンチネイルがあります。
フレンチのゾーンを広めにとった逆フレンチやモコモコと雲のような模様にしたデザイン、弧を描かずにまっすぐ塗り分けてしまうストレートフレンチなどたくさんのバリエーションがあります。
 (527451)

爪の形にコンプレックスのある人におすすめ

 (527452)

バーチャルフレンチというデザインをご存知でしょうか?一見すると普通のフレンチネイルですが、爪の形がいびつで、ネイルベッド(土台)の部分が綺麗に細長い長方形ではない、爪自体が小さいといった方におすすめです。

どういったデザインかというと、自分の爪と同じような肌色をベースに塗ってから、バーチャル(仮想的)にネイルベッド部分の長さを足してあげるデザインです。

このデザインであれば自爪を伸ばしてしまえば爪の形にまつわるある程度の悩みが解消され、なおかつ形の整った美爪を手に入れることができます!

丁寧なサロンであればネイルベッドの部分を自然なグラデーションにしてくれるサロンもあります。技術力を要するデザインではありますが、一度すればハマってしまう人も多いデザインです。
 (527454)

爪先のワンポイントにフレンチネイル

 (527453)

前述しているように、元々は爪先にホワイトを細くのせるのがフレンチネイル。最近ではその進化系の一つで、お花の模様など柄物を施してあげるフレンチのデザインもでてきました。

もちろん、お仕事によっては『真っ白だと逆に浮いてしまうためチャレンジできない』という方はベージュや肌色といった肌馴染みカラーでフレンチをしてあげるといいでしょう。

もともとシンプルに仕上がるデザインでもあるので、職場ウケはもちろんキチンと感を演出できることまちがいなしです!

ネイルコンプレックスの解消はもちろん、ご自身の生活スタイルや好みに合わせてデザインを変化させ、いくらでも取り入れられるフレンチネイル。是非、チャレンジしてください!



Itnail編集部