コラム コラム 2018年12月13日 更新 お気に入り追加 0

ネイルピアスで差をつけろ!指先の格上げデザイン5選

363 view
ネイルピアスで差をつけろ!指先の格上げデザイン5選 Itnail編集部

ストーンやパール、スタッズ…。ネイルアートに使うアイテムには、様々な種類がありますよね。そんな数あるネイルパーツの中から、今回はネイルピアスにスポットを当ててみたいと思います。カジュアルなデザインからゴージャスなデザインまで、ネイルピアスを使うと様々なテイストのネイルを作ることができますよ♪

カジュアルデザインにネイルピアスをプラス♡

Britney TOKYO

Britney TOKYO

POPなデザインやカジュアルなデザインのネイル。そのままでも魅力的ではありますが、ここにネイルピアスをプラスすると、より個性的でお洒落度高めなネイルに仕上げられます。

ひとくちにネイルピアスといっても様々な種類がありますが、例えばロックテイストなネイルにハート型のネイルピアスをプラスするデザインはいかがでしょうか。丸みを帯びたハート型のネイルピアスならば、ハードになりすぎることもなく女性らしいネイルに仕上げられるかと思います。

円形や楕円形、三角形といった、シンプルなデザインのネイルピアスをさりげなくつけるのも素敵ですよね。
Britney TOKYO

Britney TOKYO

キラキラのネイルピアスでゴージャスネイルに

Cure

Cure

ブライダルシーンやパーティーシーンといった華やかな場面では、キラキラのネイルピアスを付けたゴージャスネイルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ストーンやメタルパーツをふんだんに使ったネイルにピアスをプラスしてキラキラの仕上がりにしたり、ラメやエンボスアートで作ったエレガントなネイルにキラキラのピアスをプラスしたり…。同じキラキラのネイルピアスを使うデザインでも、ベースアートを変えることで仕上がりの雰囲気を大きく変化させられます。

ネイルピアスを使う場合は、ベースをチップオーバーレイやスカルプにすることをおすすめします。そうすると自爪に穴をあける必要がないため、爪へのダメージを気にせずネイルピアスを使ったアートを楽しめるからです。
Cure

Cure

パールのネイルピアスでエレガントなデザインに

Cure

Cure

ネイルピアスは、パールのチャームが付いているものを使うのもおすすめです。

例えば、ベースとなるデザインはストーンやスタッズを使ってゴージャスな雰囲気に仕上げ、そこに上品な輝きを放つパールのネイルピアスをONするデザインはいかがでしょうか。

ベースはブラックやネイビー、ボルドーといった深みのある色味のワンカラーネイルにし、パールのネイルピアスをポイントアートとしてプラスするデザインも素敵ですよね♪



Itnail編集部