コラム コラム 2016年7月7日 更新 お気に入り追加 0

バリエーション無限大!お洒落なネイルカラーの作り方

3,765 view
バリエーション無限大!お洒落なネイルカラーの作り方 Itnail編集部

複数色を組み合わせることで様々な色を作ることができるカラージェルですが、セルフネイラーさんの中には、購入したジェルをそのままの色味でしか使っていない、という方も少なくないようです。そこで今回は、ジェルネイル初心者さんにもおすすめのカラーレシピをご紹介します。

ホワイト×ブラック×○○でグレーカラーの完成!

 (441396)

【イットネイル】昨年話題になってからというもの根強い人気を誇っているグレーカラーやダスティカラー。最近は様々なジェルブランドからこの種の色味のカラージェルが販売されているため、皆様の中にも購入された方がいらっしゃるのではないでしょうか?
ただメーカーによってはお値段が張るものもありますし、欲しい色を全て揃えるとなると、なかなか大変でしょう。

そこでおすすめしたいのが、グレーのジェルとカラージェルを混ぜてグレーカラー・ダスティカラーのジェルを作るという方法です。

《グレーカラージェル・ダスティカラージェルの作り方》

①: ホワイトとブラックのジェルを混ぜてグレーのジェルを作る。
②: お好みのカラージェルに①で作ったグレーのジェルを混ぜる。

手持ちのジェルで簡単ペールトーン!

 (441397)

2016年はフロスティカラーやペールトーンカラーなど淡くて優しい感じの色味がトレンドになっていますが、実はこの種のカラーも、お手持ちのカラージェルを混ぜ合わせることで簡単に作ることができます。

《ペールトーンカラーの作り方》

①: お好みのカラージェルにホワイトのジェルを混ぜ、柔らかな色味になるよう調整する。
②: ①で作ったジェルにクリアジェルを混ぜ、適度な透明感を出す。

ペールカラー自体はカラージェルにホワイトジェルを混ぜるだけでも作ることができますが、クリアジェルを混ぜるとピュアで透明感のある仕上がりが楽しめますので、ぜひ試してみてくださいね!

ジェルの正しい保管方法と色見本作成のススメ

 (441398)

ここまでカラージェルのレシピについてご紹介してきましたが、ジェルのメリットは、ライトを照射するまでは固まらないため作り置きしておくことができる、というところですよね。
ジェルはどの色をどのくらい混ぜるのかによって出来上がる色が変わってきますので、お気に入りの色味は、ある程度の分量を作り置きしておくことをおすすめします。
またジェルは基本的に中身が見えないボトルに入っているかと思いますので、カラーチャートやマドラーの裏などにジェルを塗って色見本を作っておけば、次に使用するときにもスムーズに作業を進めることができます。



Itnail編集部