コラム コラム 2017年1月26日 更新 お気に入り追加 0

ソークオフジェルとハードジェル。セルフネイルにおすすめなのは?

8,854 view
ソークオフジェルとハードジェル。セルフネイルにおすすめなのは? Itnail編集部

セルフネイラーさんの中にもチャレンジする方が増えてきているジェルネイル。ジェルネイルには、ソークオフジェルとハードジェルの2種類があります。ここでは、これら2種類のジェルの特徴について詳しくご紹介します。

ハードジェルってどういうもの?

 (525238)

ハードジェルとソークオフジェルの2種類があるジェルネイル。まずは、ハードジェルについて見ていきましょう。
ハードジェルとはその名の通り「硬さ」があるジェルで、爪の長さ出し(スカルプチュア)をしたり立体的なアートをしたりするのに向いています。またビジューネイルなど重さがあるアートの埋め込みや、自爪の補強に使うのもいいでしょう。
さらにハードジェルは、ソークオフジェルに比べて透明度が高いとも言われています。

しかしこのハードジェルには、あるデメリットがあります。
とういのもハードジェルは、アセトンでオフすることができません。そのためオフする際はヤスリで削るしかないのです。

ソークオフジェルってどういうもの?

 (525239)

ソークオフジェルはハードジェルに比べて柔らかいジェルで、現在ネイルサロンではこのタイプのジェルが主流となっています。

アセトンで溶けるため簡単にオフできること、施術の際にプライマーを使わなくていいことなど、自爪を傷つけるリスクが少ないとの理由でこのタイプのジェルを選ぶ方も多いようです。

以前は、長さを出すならハードジェル、というネイリストも多かったのですが、最近は硬度の高いソークオフジェルも販売されているため、1cm程度の長さ出しであればソークオフジェルで施術してしまう、という方も多いようです。

セルフネイルにはどちらがおすすめ?

 (525240)

ではセルフジェルネイルをする場合、ハードジェルとソークオフジェル、どちらを選ぶべきなのでしょうか。

「どちらの方がいい」という決まりはありませんが、セルフで施術する場合、ソークオフジェルの使用をおすすめします。ソークオフジェルはアセトンで溶けるためオフする際に自爪を傷つけてしまうリスクが少ないですし、ハードジェルに比べてジェル自体が柔らかいため、ジェルネイル初心者さんでも簡単に扱うことができます。

ちなみに有名メーカーで扱われているジェルの多くはソークオフジェルが主流になっていますので、このタイプのジェルを使った方がいろいろな種類を揃えることができますね。



Itnail編集部