コラム コラム 2016年4月2日 更新 お気に入り追加 0

こんなやり方は間違ってる?爪に負担をかけずにジェルネイルを落とすコツ

2,135 view
こんなやり方は間違ってる?爪に負担をかけずにジェルネイルを落とすコツ Itnail編集部

ジェルネイルは落とすときに特に自爪に大きな負担がかかるといわれています。間違えていたり雑だったりすると、爪はどんどんダメージを受けて弱くなっていきます。急いでオフしようと、ファイルに力を入れて粗く削ったり、強く押し付けたりするのはやめましょう。少なくとも初心者のうちは、慌てずに時間をかけてでも、ゆっくりオフをすることが大切です。今回は、少しでも負担を減らすための、ジェルネイルの落とし方のコツを紹介しています。

ジェルネイルを落とすコツ

【イットネイル】ジェルネイルは落とすときに特に自爪に大きな負担がかかるといわれています。
少なくとも初心者のうちは、慌てずに時間をかけてでも、ゆっくりオフをすることが大切です。

そこで今回は、少しでも負担を減らすためにジェルネイルを落とすコツをご紹介します。
 (414097)

オフ中・オフ後に負担をかけないコツ

・ジェルを削り過ぎない

ジェルネイルを落とすときは、ファイルでジェルを削る必要があります。
このとき削りすぎると、自爪まで強いダメージを受けるので注意が必要です。
また削るファイルは、目が粗すぎるものを使わないようにしましょう。

・溶剤は適量を含ませる

ジェルネイルは、アセトンの入ったジェル専用のリムーバー(ジェルリムーバー)で落とすことになります。
これらの溶剤をコットンに含ませて、さらにアルミホイルで巻いて蒸発を防ぎながらジェルを溶かす、という方法が一般的なジェルネイルのオフ方法です。
このとき、コットンに含ませたりする溶剤の量をケチって少なくすると、結局ジェルが上手く落ちずにかえって時間がかかります。
使用しているジェルの種類や、デザインによっては溶剤を多く消費してしまいますが、ケチらずになるべく多めに使用しましょう。

・溶剤の蒸発を防ぐ(指サックを使う)

ゴム製の指サックを使うと、コットンにしみこんだ溶剤の蒸発を防ぎ、効率よくオフができます。
基本的にオフ中はじっとしていたほうがいいのですが、どうしてもオフ中に軽作業などをしたいという場合は、これらを使うととても便利です。
また指サックでなくてもジェルネイル専用の指キャップなどもありますので、そちらを利用してもいいでしょう。

こんなやり方は爪が傷む

・除光液を使う

まれにマニキュア用除光液で、ジェルを落とそうとする人もいます。
材質が大きく違うジェルは、普通の除光液では落とせません。
やろうと思っても凄く時間がかかるし、その間の爪への負担も大きくなるので避けましょう。

・指でつまんで剥がす

半月以上たつと、ぺろりとジェルがはがれてきたり、浮いたりする(リフト)ことがあります。
ここでついジェルを指でつまんで、はがしてしまいたくなりますが、ぐっと我慢。
はがすといっしょに爪の表面層もはがれてしまうことが多く、場合によっては痛みが走るほどの、大きなダメージになります。

・アルミカップを使う

アルミを使うこと自体は間違ってはいないのですが、カットの手間が少ないから、などと言った理由でお菓子やお弁当に使うアルミカップの方を使う方もいます。
しかし、アルミカップの大半は薄いので破れやすく、そこから溶剤が蒸発することがあります。
普通のアルミホイルをあらかじめカットしておいて、すぐに使えるようにしておくことがおすすめです。

いかがでしたか?
正しいネイルオフ方法を守れば、もっと快適にジェルネイルを楽しめますよ。



Itnail編集部