コラム コラム 2016年5月12日 更新 お気に入り追加 0

正しいオフと保湿がカギ?自爪を傷めないジェルネイルのやり方

1,235 view
正しいオフと保湿がカギ?自爪を傷めないジェルネイルのやり方 Itnail編集部

ちょっとした長さだしも可能で、さまざまなアートを楽しめることで、人気急上昇中のジェルネイル。しかしスカルプチュアやジェルネイルを頻繁にしている人ほど、自爪がだんだん薄くなったり、傷んだりするリスクが高くなります。今回は、自爪を傷ませずにジェルネイルを楽しむコツや、具体的な方法を解説しています。また、ジェルネイルのオフをちょっと早める効果のある裏技も、いっしょに紹介しています。急いでいるときに便利ですよ。

丁寧にオフする

【イットネイル】ネイルの中級者や上級者はアートの技術だけでなく、いつでもジェルネイルを楽しめるように、正しいケア方法や正しいオフ方法などを把握・実践しているものです。

ジェルネイルをするにあたって、一番自爪への負担が強いのは、実はオフをするときだったりします。
一番いいのはネイルサロンで正しいオフをしてもらうことですが、難しい場合は自分で正しい方法を覚えて、丁寧にオフする必要があります。

オフの方法はさまざまなサイトや動画でも解説されていますので、よく分からないまま適当な方法でやったり、無理やりはがすのは避けましょう。
 (419047)

効率よくオフするには?

忙しいときはオフにかかる時間を少しでも減らしたくなりますね。
ただし急いでオフしたいときでも、雑な方法でオフするのはやめましょうね。
おすすめは、以下のような工夫でオフを早めることです。

・コットンにリムーバーをたっぷりつける

ジェルネイルのオフに欠かせない、コットンとジェルリムーバー。
ガラス容器などにリムーバーを入れてコットンを丸ごと浸してしまうこと。
直接溶剤をつけるよりも、効率よく全体にしみこんでくれます。
ジェルネイルを効率よく落としたいときは、リムーバーをケチらないように、多目に使いましょう。
上からカットしたアルミホイルを巻いて、蒸発しないようにするのも重要です。

・ビニール手袋をつける/ネイルオフカバーを使う

効率よくジェルを落とすには、ジェルについたリムーバーが蒸発しないようにすることが大事です。
このためにはビニール手袋で手と爪を覆ってしまえば、蒸発せずにスムーズにオフができるようになりますよ。
ラメなど、落ちにくいジェルネイルを落とすときにもおすすめです。
安く買えるビニール手袋もいいですが、ネイル専用に作られている「ネイルオフカバー」を使ってもいいですね。

こまめな保湿をしよう

お風呂上りや乾燥しやすい季節などは、頻繁な保湿を心がけましょう。
キューティクルオイル・ハンドクリーム・ネイル美容液などがおすすめです。
ジェルネイルをオフした後は、特に念入りに保湿が必要です。

爪が傷んでしまったら?

自分で気をつけていても、自爪が傷むことはあります。
最近は傷ついたり薄くなったりした自爪を、補修してもとに戻してくれる効果を持った、便利なネイルケア専用美容液も登場しています。
二枚爪・割れ爪なども補修して、早めに元の爪に復活するのをサポートしてくれるので、万が一のために持っておくと安心です。

また爪が傷んでいる間は、ジェルネイルやマニキュアをお休みして、保湿と補修に専念しましょう。



Itnail編集部