コラム コラム 2015年7月30日 更新 お気に入り追加 0

ファイリングでイメージ通りのネイルをしよう!

1,383 view
ファイリングでイメージ通りのネイルをしよう! Itnail編集部

ネイルサロンでは必ずファイリングを行います。ファイリングとは爪の形を整えるための削る作業のことです。意外とネイル時間の多くを占める作業となり、ネイルデザインが簡単な場合ネイル作業そのものよりも時間のかかってしまうことがあるくらいです。

縁の下の力持ち!素敵なネイルはすべては「ファイリング」からはじまる!

【イットネイル】ネイルサロンでは必ずファイリングを行います。

ファイリングとは爪の形を整えるための削る作業のことです。

意外とネイル時間の多くを占める作業となり、ネイルデザインが簡単な場合ネイル作業そのものよりも時間のかかってしまうことがあるくらいです。
 (91464)

ネイリストにとって、ファイリングは基本中の基本と言われています。

ネイルの勉強もまずはそこから始まるくらいで、地味ですが一番大事だとも言われている技術なのです。

どうしても施術してもらう側は、デザインを描くわけではないファイリング作業がつまらなく感じてしまい、「削る時間がもったいない」とか「削らなくていいからその分安くして」なんて少なからず思ってしまいがちですよね。

その考えは大きな間違いです!

ファイリングは爪を美しく見せるためのとても重要な作業で、ネイルのデザインを活かせるかどうかもそれにかかってきます。


ネイルの施術をする上で基本中の基本と言われているファイリングは、実はすごく難しいです。

私たち人間には10本の指がありますが、同じように見えて一本一本違う形をしています。

つまり爪も指同様に一本ずつ違う形をしていて、人差し指は綺麗でも親指は曲がっている、薬指は巻き爪、小指だけ深爪、そんなふうにそれぞれ個性があります。

その爪の個性を把握した上で、形を整えていかなければなりません。

もともと違う土台のものを均一な形にするファイリング作業は高度な技術を求められますし、形が合わないからと削りすぎてしまうと皮膚が痛くなってしまい、怪我の元です。


ファイリングすることで、同じ爪でもいろいろな形に仕上げることができます。


人気が高いのはスクエアオフやラウンドです。

スクエアオフは四角いながら角が丸くなっているタイプで、ラウンドは先全体が丸みを帯びているタイプです。


爪が短かったり太かったりする人は、オーバルと呼ばれる形にすれば良いでしょう。

視覚的マジックで爪に長さがあるよう見えて、スマートな印象となります。


クールに決めたいならば四角い形のスクエア、スカルプチュアを楽しみたいならば先のとがっているポイントがイメージに近くなるはずです。


Itnail編集部