コラム コラム 2017年5月11日 更新 お気に入り追加 0

【 ネイルオイルを使うタイミング 】正しく使って効果UP!

9,458 view
【 ネイルオイルを使うタイミング 】正しく使って効果UP! Itnail編集部

ネイルケアはもちろん、甘皮処理などさまざまなタイミングで活躍するネイルオイル。爪や指先の乾燥が気になる時だけではなく日常的に使うことで、健康的な爪や美しい指先をつくることができます。そこで今回は、ネイルオイルを塗るタイミングについてご紹介します。ネイルオイルを効果的に使って、爪や指にとってベストな保湿ケアをしていきましょう。

ネイルオイルを特に使いたいタイミング

 (535289)

ネイルオイルは、特に次のようなタイミングで使うことを意識しましょう。

●入浴後
入浴後は指先の血行がとてもよくなっているので、爪が柔らかくネイルオイルの成分を吸収しやすい状態です。
また、手が温かい状態なので、皮膚や爪へのなじみもよくなります。
入浴後のスキンケアの一環として、ネイルオイルでの爪のマッサージを習慣付けるといいいでしょう。

●寝る前
寝ている間は、意外と爪が乾燥しやすい時間帯です。
寝る前にネイルオイルを塗っておくことで、爪をいたわりながら乾燥を防ぐことが可能です。

●家事や料理の後
家事や料理をすると、指先が水などに触れて爪が乾燥しやすくなります。
特に、食事の後の洗い物や掃除など洗剤でダメージを受けた後はすぐにネイルオイルを塗って、ダメージを回復させましょう。
水仕事をすることが多い人は、よりこまめな保湿ケアが必要です。
水仕事をする時はゴム手袋をするようにして、指先をカバーするのも効果的ですよ。
 (535286)

●マニキュアを乾かした後
マニキュアを塗る前やジェルネイルの施術前にネイルオイルを塗ると、爪にネイルがなじみにくくなり、ネイルのもちが悪くなります。
マニキュアが乾いた後や施術後にネイルオイルを塗るようにしましょう。
ネイルオイルで健康的な爪を育てることによって、マニキュアやジェルネイルのもちをよくすることができますよ。

●ネイルオフの後
ネイルを落とす時に使う除光液やジェルリムーバーは、爪や指先に大きなダメージを与えて乾燥を招きます。
ネイルをオフしたら、手や指を清潔にした後に必ずネイルオイルで保湿をしましょう。

その他におすすめのタイミング

 (535288)

上記以外でネイルオイルを使いたいタイミングは、以下の通りです。
携帯できるタイプのネイルオイルが販売されていますので、自宅で使うものと外出先で使うものを使い分けるといいですね。

●甘皮処理の後
●ドライヤーを使った後
●乾燥や冷えが気になるとき
●紫外線を多く浴びた後
●パソコンのタイピングをした後
●爪や指先を使う作業の後
●ネイルサロンでアートやケアを受けた後
●仕事や家事の休憩時間

オイルを使ったらクリームでカバー!

 (535290)

ネイルオイルはハンドクリームと組み合わせることで、さらに効果を発揮します。
ハンドクリームがネイルオイルの油分や美容成分などを閉じ込め、まるでカバーのような役割を果たしてくれるからです。
浸透力のいいネイルオイルの次にそれを保護してくれるハンドクリームを使うことで、ネイルオイルの効果をアップさせましょう。

いかがでしたか?
ネイルオイルを効果的に使うことで、ネイルをよりきれいに保てるようになりますよ。



Itnail編集部