コラム コラム 2015年7月24日 更新 お気に入り追加 0

アクリルよりもセルフでしやすいジェルスカルプ!適切なジェルの選び方は?

4,630 view
アクリルよりもセルフでしやすいジェルスカルプ!適切なジェルの選び方は? Itnail編集部

そろそろジェルネイルに慣れてきた人が挑戦したいと思うことが多いのが、「ジェルスカルプチュア(ジェルを使った長さだし)」です。ジェルネイルはもともと…【Itnail】【イットネイル】

ジェルスカルプに挑戦したい!

【イットネイル】そろそろジェルネイルに慣れてきた人が挑戦したいと思うことが多いのが、「ジェルスカルプチュア(ジェルを使った長さだし)」です。

ジェルネイルはもともと長さだしにも向いていますが、うまくするにはコツもいるし、専用の道具も必要になります。
しかしアクリルスカルプと異なり、高い技術がなくても手軽に長さだしが行えるのがジェルスカルプのメリットです。
 (193087)

今回は、ジェルネイルの長さだしに向けたジェルの種類に関して紹介したいと思います。

ジェルの種類と長さだし

ジェルネイルに使われるジェルは、メーカーなどによって種類は異なりますがそれらを大きく分類すると全部で3種類になります。
その種類は「ソフトジェル」・「セミハードジェル」・「ハードジェル」の3つです。

このうちソフトジェルは、ちょっとだけ長さだしがしたい人におすすめです。
伸ばせるのは0.3mm程度と短いですが、スカルプ用ジェルの中でもナチュラルで、かつ薄づきで済むというメリットもあります。
オフも容易なことからセルフネイルにもおすすめですが、大半は強度が低めなのには注意が必要です。

セミハードジェルとハードジェル

セミハードはソフトジェルの強化版のようなもので、それなりに強度があります。
0.5mmくらいの長さが出せるものが多いです。
ただしソフトよりはオフが大変です。
強度が出せるので爪が薄い方でも長さだしがしやすくなるでしょう。

ハードジェルは、ジェルネイルの中でもっとも強くスカルプに向いているジェルです。
大半は1cm以上の長さだしもできるようになっています。
難点はオフがかなり大変で、ファイルで削り取る必要があることです。

ソフトやセミハードなどと組み合わせて、強度を持たせつつオフをしやすくすることもできます。

長さだしをするとアートの幅が広まる!

スカルプの効果は指を長く細く見せるだけではありません。
さらにアートの幅が広まり、目立つネイルを楽しめるようになります。

さまざまなジェルの登場でより手軽になったスカルプ、自分に適切なジェルを選んで幅広く楽しんでみてくださいね。



Itnail編集部