コラム コラム 2016年2月18日 更新 お気に入り追加 0

【セルフネイル】まるで手描きみたい!ジェルネイルに埋め込むのにピッタリなウォーターネイルシールとは!?

4,400 view
【セルフネイル】まるで手描きみたい!ジェルネイルに埋め込むのにピッタリなウォーターネイルシールとは!? Itnail編集部

最近は様々なネイルシールが販売されていますが、そのひとつに「ウォーターネイルシール」があります。これは水を使って爪に貼りつけるタイプのシールなのですが、とても薄く、ジェルに埋め込むのにもピッタリです!ウォーターシールは色々なアートに活用できますので、その使い方についてしっかりマスターしておきましょう。

ウォーターネイルシールってどんなシール!?

 (363133)

【イットネイル】「ウォーターネイルシール」についてご存知ですか!?
一般的なネイルシールは、シートから剥がして爪に貼りつけていきますよね。ただ、通常のシールはそれなりに厚みがあるためジェルに埋め込んでもリフトしてしまうことがあります。

そこで登場するのがウォーターネイルシールです。
これはとても薄いフィルムに色々な模様が印刷されているもので、その薄さゆえ水につけてからでなければシートから剥がすことができません。少々手間はかかりますが、ジェルに埋め込んでもリフトしてくることがほとんどないためアートを長持ちさせたい方にはおすすめです。

ウォーターネイルシールの使い方について知りたい!

 (363136)

それでは早速、ウォーターネイルシールを使ってみましょう。

①まずは爪にベースカラーを塗って硬化させ、クリーナーを使って未硬化ジェルを拭き取ります。
②使いたい部分をシートから切り取り、水の中にシールを台紙ごと沈めます。
③30~60秒程度水につけておけばシールを台紙から剥がせるようになりますので、ピンセットを使ってシールをスライドさせるようなイメージで台紙から剥がしていきます。
④爪の上にシールを乗せ、完全に水分が飛ぶまで待ちます。
⑤トップジェルを塗って埋め込み、完成です。
 
少々手間はかかりますが誰でも簡単に使いこなすことができますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

ウォーターネイルシールを使ったデザイン

 (363139)

通常のネイルシールの場合、いかにも「シールを貼りました!」といった感じの仕上がりになることがあります。しかしウォーターネイルシールならば、まるで手描きのような質感のアートを楽しむことができます。ちなみに爪全体にシールを使う場合はシールを使って逆フレンチアートをする時は、自爪よりも少し小さめにシールをカットすることをおすすめします。そうすることによってトップジェルと自爪とでシールを挟み込み、しっかり埋め込むことができるようになるのです。 

Itnail編集部